交通事故での背中の痛み・違和感

  • 事故に遭ってから背中が痛くなってきた
  • 事故後首を動かすと背中まで痛みがでるようになった
  • 事故に遭ってから背中周りがコリやすい
  • 病院でレントゲンを撮ったが異常が見られないと言われた
  • どこで治療をしたらいいか分からない

40代男性 施術を受けた感想

事故し身体中痛い為、通いはじめました。
スタッフ皆さん親切で丁寧にマッサージしてくださり回復してきてます。素晴らしい対応に感謝しかないです!

※効果には個人差があります。

 

交通事故によるケガは柔道整復師という国家資格を持つ施術家がいるめいほく接骨院で治療をしていくことができます。

ケガは放置しても改善し痛みが消えていくことがありますが、痛みやすくなったり動かしにくくなったり、後遺症として残ってしまうことがあります。

そして交通事故によるケガは一定の期間で自賠責保険が適用されなくなってしまいます。

しかしその後痛みがぶり返しても、自賠責保険を使って治療していくことは出来ません。だからこそしっかり治療をして完治させることが大事になります。

交通事故での背中の痛み・違和感

交通事故で良く起こる症状としてむち打ち症があります。

正式な傷病名は「頸部捻挫」や「頸椎挫傷」または「外傷性頚部症候群」といわれるものであり、特に交通事故などの外部からの衝撃で頚部の筋肉や筋、骨などを損傷することによっておこる様々な症状をむち打ち症といいます。

むち打ち症による症状は頭痛やめまい、吐き気、手の痺れなど痛み以外の症状が現れる場合もあります。

交通事故による怪我の中でも頸部(首)の損傷は一番起こりやすく、また後遺症(後遺障害)につながりやすいと言われています。

事故にあった際に首が鞭のようにしなることによって引き起こされます。

首には重要な神経が多く集まるため首で起こった怪我にもかかわらず背中や腰などで痛みや違和感を引き起こすことがあります。

また首の重さは約5~6㎏あり、それを支えてるのが首であり首肩回りの筋肉になります。事故の衝撃でこの筋肉が引っ張られることによって首肩回りのコリや違和感につながります。

筋肉は関節同士をつないでいるため首や腰回りに損傷があった場合、背中にまで痛みや違和感が伝わる場合があります。

そのため、背中に痛みや違和感があっても背中だけ治療しても良くならない場合があります。

むち打ち症の怖いところは交通事故後すぐに症状が出にくく、徐々に症状が出てくるところです。多くの方が交通事故の怪我ではなく日常からくる慢性的な痛みや疲れと判断し、治療せずにそのままにするということがあります。

他にもむち打ち症は神経に障害が出て痛みやしびれなどの自覚症状があるにもかかわらず、レントゲンやMRIなどの画像診断で異常が見られないケースが多くあります。

そのため、病院に行っても湿布や処方薬をもらうだけのケースも良く見られます。

むち打ち症は後遺症になりやすいため早期の治療が必要になります。

 

めいほく接骨院では交通事故の怪我も専門で治療を行っており、痛みなどの症状についての治療やご相談だけでなく、整形外科クリニックや弁護士の方とも提携しておりますので、安心して治療が出来ます。

また、整形外科クリニックを当院で紹介することもできますので、どこに行ったらいいか分からない時はまずめいほく接骨院へご相談下さい!