交通事故での病院や整形外科と接骨院の上手な通院方法

めいほく接骨院 総括院長の田中雅大です。

整形外科と接骨院が違うのはなんとなくわかるけれど、どこがどう違うかといわれるとはっきりわからないという方も多いのではないでしょうか?整形外科というのは、レントゲンやMRI、精密検査を行い手術をするなどの処置をしたり、お薬の処方や注射といった治療を行います。レントゲンには骨が折れているのは写るのですが、神経の損傷や筋肉がどのようなダメージを受けているかはわかりません。

そのため、「異常なし、様子を見ます」という診断になり湿布が処方されたけれど、なぜか体調がよくないということになってしまうのです。ですが、実際には神経や筋肉に損傷があるため、いつまでも優れない体調のまま悶々とすごすことになったり、後遺症が残ってしまうという残念な結果になってしまいます。

接骨院は病院ではないのですが、厚生労働省から認可を受けて治療を行います。筋肉、骨、神経のバランスを整えていくという治療です。レントゲンでは原因がわからなかったむち打ちなどの症状は、背骨の歪みやずれが原因で痛みが出ていたりします。接骨院で背骨や骨盤を矯正し元気な身体へと戻していきましょう。

接骨院と医療機関の上手な併用方法

  1. 交通事故直後

    最初にめいほく接骨院へご来院ください。めいほく接骨院では病院や整形外科クリニックと連携を取り合いながら施術をしていきますので、ご安心ください。たいしたことないかなとか、なんだか痛いような気がするといった痛みでもきちんと伝えて念のためにレントゲンをとってもらうようにしましょう。事故後にはあまり感じていなかったかもしれない箇所に痛みが出た場合でもきちんと診断してもらうことが大事です。

    病院で骨折が判明した場合、通院する必要があります。ですが、ギブスが取れた後は適切なリハビリを行うことが必要になってきます。手技や筋力トレーニング、ストレッチといったリハビリを行いますが、病院での経過観察も行いながら接骨院でリハビリを行うのがよいでしょう。

  2. 状による通院方法

    *骨折と骨折後のリハビリ
    病院で骨折が判明した場合、通院する必要があります。ですが、ギブスが取れた後は適切なリハビリを行うことが必要になってきます。手技や筋力トレーニング、ストレッチといったリハビリを行いますが、病院での経過観察も行いながら接骨院でリハビリを行うのがよいでしょう。
    *むち打ち、腰痛

    後遺症を残さないため完治を目指す必要の大きい痛みです。病院でのレントゲンではわからなかった関節や筋肉の異常を治療し、後遺症が残らないよう接骨院で治療することをお勧めします。普段の生活の中では怪我をすることが無いような箇所もダメージを受けるのが交通事故です。

    それを、放って置くことにより、機能障害、2次障害につながっていくことがあります。そのような状況を避けるためにも、早めにきちんとした治療をすることが大事になってくるのです。

     

     

     

    一番大切なものは、自分自身の「健康」であるということ

     

    良い仕事をするのも、家族を養うのも、健康な体があってこそのこと

    現実問題として、仕事を休んだり、抜け出して治療に通うことが難しい方もおられるかもしれません。確かに、ご自身も仕事をしながらの通院では、仕事にも集中しにくいでしょうし、実際、毎日通院するということ自体大変なことです。しかし、これを別の角度から考えてみましょう。良い仕事をするのも、家族を養っていくのも全ては健康な体があってこそできることではないでしょうか?

     

    自己判断で通院を止めてしまうと、後遺症が残ってしまう

    特に回復しかけの方は、痛みがだいぶ楽になったことを完治したと勘違いしてしまい、自己判断で通院をやめてしまう方がいらっしゃいます。しかし、むち打ち症のような症状は、中途半端な状態で手当てを止めてしまうと、症状が悪化したり、慢性の肩こりや頭痛、眼精疲労などの後遺症として残りやすいのです。忙しい中、時間をやりくりして通院することは確かに大変なことです。だからといって、自己診断で通院を止めてしまうことは、決してお奨めできることではありません。

     

    通院のための時間は、「できる」ものでなく自分で「作るもの」

    よく、通院が出来ないことの言い訳として、「忙しくて通えませんでした」とか、「そのうち、通う時間ができたら」と言われる方がいらっしゃいますが、治療のための時間は「できる」ものではなく、自分で積極的に「作る」ものなのです。仕事を優先するあまり、通院を怠ってしまって体が治らなかった時、会社はあなたを助けてくれるでしょうか?体が健康でありさえすれば、お金は後からでも稼ぐことはできますが、健康も仕事も失ってしまっては、元も子もありません。目先の忙しさを優先するのではなく、あなた自身の生涯の健康を最優先事項として考えましょう。補償を受けながら治療が受けられる時に、きちんと体を回復することを第一優先とするか、だましだましで体に無理をさせてしまい、生涯の持病にしてしまうかは、あなた自身の判断次第です。

     

    今の自分を大切にすることが、自分の未来と家族の幸せに繋がる

    体が健康であればお金を稼ぐことはできますが、その健康は決してお金で買うことはできません。そして、その健康、その体は他の誰のものでもなく、自分自身のものなのです。前にも言いましたが、交通事故に遭ってしまってむち打ち症になってしまうことは、一般的に考えれば、自分の一生に一度あるかないかの大きな出来事なのです。そんなケガをした時くらい、自分を大切に労わってあげて下さい。今の自分を大切にすることが、本体の自分と家族を幸せにすることに繋がるのです。

     

     

    加害者側の損害保険会社とのコミュニケーションをしっかりとる

     

    示談交渉をする相手は、加害者側の保険会社の担当者

    交通事故に遭ってしまった場合、治療の次に迫ってくるのが、損害賠償や示談などの問題です。加害者側が任意保険に加入している場合、被害者と示談交渉を行うのは加害者本人ではなく、加害者側の任意保険会社の担当者となります。その担当者が直接交渉をする相手となりますので、彼らとのコミュニケーションは大切にしたいものです。しかし、示談交渉といっても、必ずしも話し合いの場が設けられるとは限らず、一般的にはまず電話でコンタクトがあり、その後、書類が送られてくるという方法が多いようです。

     

    損害保険会社から賠償額が提示される

    彼らは交通事故の損害賠償のプロであり、交通事故の損害賠償について豊富な知識と経験を持っていますから、これまでの経験に基づきあなたのケースを判断し、賠償額を提示してきます。納得のいく金額が提示されるようでしたら、示談は成立となり、サインと捺印をして、交渉はここで終了します。しかし、任意保険会社も営利企業ですから、自分の会社が不利になるような、被害者側に有利な金額を最初から提示してくることはほとんどないと言って良いでしょう。

     

    提示された金額に納得できない場合は遠慮せずに、質問し、交渉しよう!

    ここで問題となるのは、保険会社から提示された金額に納得がいかないケースです。このように、さらなる交渉が必要な時に備え、担当者とのコミュニケーションを大切にしましょう。提示された金額や喜寿に納得がいかない場合や、良く理解できない場合は、遠慮せずに担当者に質問しましょう。「言うのが恥ずかしい」とか、「こんなことを質問したら笑われるかもしれない」などと考えて遠慮したり、気後れする必要は全くありません。相手はプロ、あなたは素人なのですから、知らなくて当然なのです。

     

    プロの弁護士に相談するのも選択肢のひとつ

    この時に大切なことは、あくまで冷静に交渉に臨むことです。「お金の話で揉めるのは世間体が悪い」などと思って、簡単に引き下がってしまってはいけません。もちろん、喧嘩腰や感情的に文句をぶつけても、交渉は進まず、心証を悪くするだけです。保険会社と交渉する場合は、自身の損害額をしっかりと把握しておくことが極めて重要になりますが、全くもれなく把握し、保険のプロと交渉していくことは簡単なことではありません。また、交渉が決裂した場合、任意保険会社の顧問弁護士が登場し、その弁護士相手に示談交渉をすることになったり、簡易裁判所での民事調停に発展することもあります。問題が難しくなりそうなときは、すぐに弁護士へ依頼することを検討して下さい。めいほく接骨院からでも、交通事故に詳しい弁護士のご紹介を行っています。認定院の先生を通じてお気軽にご相談下さい。

 

  1. 治療家とのコミュニケーションをしっかりとる

  2.  

    むち打ち治療に認定の治療院では、患者さんを笑顔で迎えてくれる

    こうしたことを防ぐために、むち打ち治療協会認定の治療院では、笑顔で患者さんを迎え、リラックスしてもらうように積極的に話しかけて、コミュニケーションづくりを心がけています。ですから、自分のケガの状態、治癒までの期間、痛みはいつまで続くのか、仕事はやすまなければならないか、など、聞きたいことは積極的に質問して下さい。言いにくかったり、聞くのが恥ずかしいなどと考えて遠慮する必要は全くありません。むち打ち治療協会の認定院には、患者さんの心のケアに対しても関心の高い先生が多いので安心して治療にいらして下さい。

     

    患者さんの不安を取り除いて、効果的な施術につなげていく

    以前、私が交通事故に遭って病院に行った際に感じたのですが、忙しそうな医師に対しては直接治療に関すること以外の疑問や不安は相談しにくいという印象が強く残りました。事故の直後は患者さん自身も気が動転しているものです。まずケガの状態がわからなければ不安も大きくなるでしょう。さらに、傷跡や後遺症は残らないのか、生活や仕事に影響はないかなど、心配事が次々に出てきます。むち打ち治療協会認定の治療院では、こうした患者さんの不安を解消し、リラックスして施術を受けて頂けるような環境づくりに努めています。治療家と患者さんとのコミュニケーションはとても大切だと私は考えます。コミュニケーションを通じ不安や悩みを知ることで、効果的な施術へとつなげていくことができるのです。

     

    正しい情報に基づいた正しい治療が、早期回復への近道

    正確な治療のためには、現状を正しく把握することが欠かせません。しかし、「まだ痛いといったら先生に申しわけない」「首だけでなく腰も痛いけれど、今回とは別の原因かもしれないから言わないでおこう」「次の患者さんも待っているし、質問したいけどやめておこう」など、優しい心遣いで本当は気持ちを隠してしまう患者さんがいらっしゃいます。ですが、これでは治療家は的確な治療法を選ぶことができません。「痛い」と感じたら素直に伝えましょう。痛みや辛さは体の状態を伝える大切な情報ですから、我慢は禁物。正しい情報に基づいた正しい治療こそ、早期回復への近道です。

     

     

    家族とのコミュニケーションをしっかりとる

     

    「わかってくれて当たり前」は大きな間違い

    事故に遭ったあなたをいちばん心配してくれるのは、もちろん一番身近でい一緒に生活している家族です。しかし、家族だからあまり細かいことは言わなくても解ってくれるはず、とコミュニケーションを疎かにしてはいけません。むしろもっとも身近だからこそ、理解が得られずに問題になることが多いのです。「一番身近な家族だけは何も言わなくても、理解してくれるはず・・・」と考えがちですが、むしろ逆の方が多いと思って下さい。なぜなら、家庭という場は、毎日の生活の中でむち打ち症による支障が一番現れやすい場所だからなのです。

     

    症状が長引いてくると、家族の対応も冷たくなってくる

    それまでは当たり前に行っていた行為、例えば、掃除・洗濯・食器洗いなどの動作は首を上下に動かすことが多く、むち打ち症になってしまうと苦痛を感じるようになってしまいます。外傷の無いむち打ち症は、本人の自覚症状だけの申告になってしまうため、最初のころは優しいく対応してもらえたり、手伝ってくれたりしいた家族も、長引いてくると対応が冷たくなるという話は良く聞きます。

     

    家族の理解の枠を越えるようになってしまう!

    そして、体が思うように動かなくて、今まで簡単にできていたことができなくなってしまい、頭痛・目眩・吐き気などの症状に襲われたりして、自分自身もイラ立ったり憂鬱になったりして、家族たちの理解の枠を越えるようになってしまいます。朝起きるのが辛く、イライラした気持ちが消えない。なぜあなたがいつまでも辛そうにしているのか、あなたの苦しみはかぞくにとって想像の域を超えてしまうのです。

     

    治療院に同行してもらって、治療家から直接説明してもらう

    ですから、むち打ち症とはどのような症状が出るものなのか、あなたはどのような状態にあるのかということ、家族に理解してもらうことが大切です。そのためには、治療機関に同行してもらい、治療家から直接説明してもらうことも良いでしょう。症状についてはもちろん、治療期間はどのくらいかかるか、今後どういった経過が考えられるか、どのような動きが痛みにつながるのか、具体的に専門家から説明してもらうことで、家族の理解が得られ、不安も解消されることでしょう。

     

    家族は一番大切なあなたのサポーター

    家族の理解を得ることは、あなたの大きな味方を作ることに繋がります。いつまでも治らなくて家族に申し訳ない。私の気持ちをだれもわかってくれない。そんな気持ちでいては、さらに自分自身を追い詰めてしまうことになってします。前向きな気持ちで治療に取り組むためにも、家族とのコミュニケーションを大切にしましょう。 家族はあなたの一番大切なサポーター。家族の理解があればこそ、症状の改善につながるのです。

     

     

    専門家とのコミュニケーションをしっかりとる

     

    プロを相手に素人が立ち向かわなければならない

    そうした交渉をする相手は、直接の加害者ではなく、加害者が加入している任意保険会社の担当者です。言うなれば相手は、損害賠償や示談交渉のプロです。ただでさえ、むち打ち症で体の調子が良くない時に、こうしたプロを相手にして、損害賠償や示談交渉の問題に関しては素人であるあなたが交渉に当たらなければなりません。

     

    交通事故は、「自分の人生史上、最大級の不幸な出来事」

    相手がプロであるならば、こちらもプロに依頼して交渉に当たるということも大切です。「えっ、そんなことでいきなり弁護士を立てるんですか?」と思われるかもしれませんが、良く考えて下さい。交通事故に遭うというのは、自分の一生の中で一度あるかないかと言えるくらいの、「自分の人生史上、最大級の不幸な出来事」なのです。そして、あなたにとっては「最大級の不幸な出来事」ですが、保険会社の担当者にとっては「日常の処理業務」に過ぎないのです。「日常の処理業務」を行う保険会社が被害者個人との交渉にあたって、「正当な裁判基準」での対応をしてくれる可能性はほとんどありません。被害者側が「弁護士をつけているかどうか」ただそれだけのことで大きく対応が変わってくることがよくあります。

     

症例 | 名古屋市交通事故治療ナビ

  • 首から背中の痛み(むち打ち症)

    1.負傷原因
    車で信号停車中に後ろから車に追突され負傷した。

    2.事故後の症状
    気分が悪く、日がたつにつれて痛みが出てきた。
    特に首の症状が強く出ました。

    3.当院での施術により、どの様に症状が変化・改善しているか
    特に首が痛くて苦痛でしたがマッサージをしてもらうようになってからずい分楽になった。

    4.当院に通うと決めた理由
    ネットで検索し、ホームページを見て決めました。家からも通いやすい場所でした。
    交通事故が初めてで初診の病院でむち打ちと言われ、専門知識のある先生に診ていただきたかったから。

    5.当院の印象
    先生やスタッフさんが気さくで話しやすかった。

    ※患者様個人の感想であり、効果には個人差があります。

お客様の声 | 名古屋市交通事故治療ナビ

皆さまからたくさんのお喜びの声をいただいております

  • 大変お世話になりました!これからも宜しくお願いします!!

    去年の夏頃、交通事故に遭ってしまいむち打ちに。
    最初は少し肩のあたりが痛いなくらいで病院に行っても湿布で大丈夫そうですねと言われてそれきりだったのが徐々に痛くなってきてたまらず受診しました。

    とにかく先生が優しいです。
    症状のことを親切にカウンセリングしてくれます。

    説明するとすぐに私用にメニューを組んでくれて、おかげで凄く短い期間で完治できました。治療も全然痛くないです。

    最新機器を使って、じんわり良くしてくれます。院内が綺麗なのもポイント!私みたいな女性1人でも全然通いやすかったです。スタッフさんも気さくに接してくれたおかげで、通院するのが全然苦に感じませんでした!他にもここがオススメ!というのを挙げていくと本当キリがありませんので迷っている人がいたらすぐ行った方が良いですよ!

    百聞は一見に如かず!です。
    先生方、その節は本当に有難うございました。

    何も起こらないのが一番良いですが、今後もしまた何か身体に起こった時はよろしくお願いしますね。

    ※患者様個人の感想であり、効果には個人差があります。

  • 日曜日も営業してますよ!

    スタッフの皆さん、相談しやすく色々なことを教えてくれます。
    自宅でできるストレッチや保険屋さんとの対応など。

    あと日曜日も診察が受けれて良いです!

    時間帯によりますが突然今から行きますでも素早く対応してくれるので社会人の私には助かりますし場所がわかりやすく駐車場もあり助かっています。

    ※患者様個人の感想であり、効果には個人差があります。

  • 親切な接骨院です!

    穏やかで癒しの時間が過ごせます。

    負傷箇所も施術後はほとんど痛みもなく、快適になります。

    なによりスタッフさんの気配りが素晴らしいです。

    通院してよかったです。

    ※患者様個人の感想であり、効果には個人差があります。

  • おすすめの接骨院です!!

    自転車で走っていた時に車とぶつかりケガをしてしまいました。

    腰と背中の痛みが事故の後からあり、治療したいと思って治療院を探していました。

    電気治療などは初めてでしたが、治療も丁寧で対応もわかりやすく不安なく続けることができました。

    ありがとうございました。

    ※患者様個人の感想であり、効果には個人差があります。

  • 信号停車中に起きた事故(むち打ち損傷)

    信号の停車中に後ろから追突され負傷しました。事故の直後は、整形外科と別の接骨院に通っていましたが、全く症状が変わらず、「むち打ち治療協会」と窓に大きく書いてあるめいほく接骨院を見つけ、通院し始めました。診察の結果、むち打ち損傷ということで、他院とは違う治療と、日常生活の指導をしていただき、その甲斐あって症状は改善してきました。それだけでなく、整形外科の病院の診察予約も取っていただき、精密検査を受けることができました。その病院の院長先生からめいほく接骨院の田中先生に、検査結果の説明と、今後行ってほしい治療方法の連絡をしていただき、さらに安心して治療に専念できるようになりました。

    ※患者様個人の感想であり、効果には個人差があります。