あなたの症状に合うのはどっち?接骨院と整形外科の違い

医療機関に任せるもの

医療機関に任せるもの

接骨院と整形外科の違い

病院では、レントゲンやMRIなどで精密検査をしてもらえます。それにより、骨折が無いかや手術をしなければならないほどの大きな怪我がないかを知ることが出来ます。そして、実際に手術などの治療をしてもらうことが出来ます。

また、程度に応じて痛み止めや湿布薬などを処方してもらうことが出来ます。さらに、事故の補償を受けるのにとても大切な診断書の作成をしてくれるのも医療機関です。病院で精密検査を受けた結果、「特に異常はないようですから、様子を見ましょう」という診断を受けることも多いものです。

ですが、実際には首や肩に痛みがあり体がだるくて仕方がないといった症状訴える方も少なくありません。また、病院で痛みや倦怠感を訴えても痛み止めや湿布薬を処方されるだけで改善につながっていかないといった状況に陥られるかたもいらっしゃいます。

そのような症状の改善にお役に立てるのが接骨院です。

病院で異常なしと診断を受けたけれど辛いときは?

病院で異常なしと診断を受けたけれど辛いときは?

病院で異常なしと診断されたけれどつらい症状が治まらないのは、その症状の原因となっているものがレントゲンには写ってこないからです。交通事故というのは、思っている以上に身体に衝撃を与えダメージを受けるものです。

そして、レントゲンではわからない筋肉や神経に損傷を与えますし、身体のバランスを崩してしまいます。そのため、左右を向くのがつらい、肩や首、腰が痛いといった症状を招くことがあります。また、骨が少し歪んでしまうことにより、なぜだかわからない身体の不調を引き起こすことになります。

原因はわからない、痛みは治らない、身体がだるくて家事や仕事がはかどらないといった状況では、精神的にも追い込まれてしまいます。なんだかよくわからないけれど、体調が優れないというのは交通事故からのむち打ち症になっているということが考えられます。

車のへこみや傷は目に見えます。たとえへこみや傷が大きなものではなかったとしても、目に見えないからだの内部では大きなダメージを受けていることがあるのです。

目には見えなくても、当事者はそのダメージを痛みや倦怠感といった形で感じ、つらい思いをすることになります。そのつらさから解放されるためには、骨の歪みを治したり身体のバランスを整えていくことが大切なのです。

そうすることにより、可動域が広がり顔を洗うのもつらい、気分が優れないといった日常生活に支障をきたしていた状態から解放されることになります。

 

 

むち打ち症治療の専門家といえるのは誰?

 

病院・整形外科と柔道整復師の施術はここが違う!

病院や整形外科では、患者さんのその日その日のコンディションは異なるにもかかわらず、一度設定された施術メニューが画一的に行われることが少なくありません。患者さんの筋肉の張りや関節の動き、体調などはいつも同じではありません。治療院では、実際に治療にあたる柔道整復̪師がその時々の患者さんの状態をチェックして、それに合わせたオーダーメイド治療を行っています。また、病院や整形外科などでは注射や投薬によって痛みをブロックしてしまう治療が行われますが、これは一時的に痛みを抑え込んでいる対処療法にすぎませんが、治療院では、人間が本来持っている自然治癒力を引き出しながら症状を改善させるための根本的な治療が行われます。

 

柔道整復師は五感を使って痛みの原因を探り当てていく!

柔道整復師の行う治療では、、検査で異常がなくても、患者さんの訴えを真撃に受け止めて、五感をフルに使って、問診・視診・触診を行って痛みの原因を探り当てていきます。さらに、症状の根本原因が必ずしも痛みの感じる場所だけでなく、ほかの場所にあることもあるため、これらをカウンセリングや触診によって解明していきます。そして、原因が解明されたらケガの状況、痛み方、生活習慣などを考慮して、その患者さんに最も相応しい治療法を組み立てて、手技療法を中心とした治療計画を立てていきます。

 

 

柔道整復師こそがむち打ち治療の専門家だ!

治療院の柔道整復師は、既存の治療方法を型通りにこなしていくのではなく、個々の患者さんの状態に合わせて、独自の技術や治療方法を構築していきます。こうしてみるとむち打ち症のように、検査では異常個所が発見しにくいうえ、患者さんの日々の状態が変化することの多い傷病の治療は、オーダーメイドの治療ができる接骨院や整骨院などの治療院が最も適していると言いうことができ、柔道整復師こそがむち打ち治療の専門家といっても決して過言ではないと思います。

 

 

自然治癒力で回復を早める接骨院・整骨院の技術

 

痛みの感じ方や回復時期には年齢や体質によって個人差がある

それでは、これからは、私たちのむち打ち治療協会認定院の柔道整復師がどのような診療方法で、人間が本来持っている「自然治癒力」を引き出しながら、むち打ち症の改善にあたっていくかを具体的にお話していきたいと思います。一般に、むちうち症の痛みや症状は、事故が起きた時の衝撃の度合いの他、患者さんの年齢や体質などによって症状が現れる時期も異なり、痛みの感じ方や回復時期にも個人差があります。そのため、私たちは、患者さん一人一人が違う状態であることを理解したうえで、筋肉の損傷の程度を触診によって判断していきます。

 

専門家の触診で筋肉組織の状態を診る

しかし、これは治療家ならば誰もが判るというものではありません。そこには、豊富な経験と実績によって養われた、一種の感覚というものがあります。むち打ち症になった場合、筋肉の組織が壊れていか、また、神経がどれほど圧迫されているかなどを確認しながら、症状の重度、軽度をみていきます。

 

初期段階のアプローチの仕方が早期回復への鍵となる

壊れている筋肉組織が元に戻るためには、絶対的に必要な時間があります。例えば、擦り傷によって出血した部位がかさぶたになって元に戻っていく、というステップを踏むように、損傷した筋肉組織も元に戻っていくために絶対的に必要な時間があります。しかし、患者さんが正常な日常生活に一日でも早く復帰できるように努めるのが私たち治療家の役目だと思っています。そのために、初期の段階からどうアプローチをしていくのか、この時の処置方法の適切さが早期回復の鍵となります。

 

炎症期にはアイシングで、筋肉を冷やす

むち打ち症の多くは、首の周辺に炎症が起きていることが多いので、まず、アイシングで患部を冷やします。アイシングは、筋肉を冷やすという働きがあるので、むち打ち症の初期症状には非常に有効な処置です。実はこの初期段階で「冷やす」ということをしているか、していないかで、その後の施術期間はかなり変わってくることが多いのです。炎症期には、首の状態も極力安静にすることが大原則となります。そのため、一時的に首の動きを固定する「頸椎カラー(首用コルセット)を使用することもあります。ただし、この「頸椎カラー」は長期的に使用することはあまりお奨めできません。というのも、「頸椎カラー」は首や頭を支えてくれるので、使用していると楽なのですが、関節や筋肉が硬くなってしまい、筋力も低下するため、脱着後に慢性肩コリや頭痛に悩まされるようになってしまうからです。

 

手技で筋肉をほぐし、遠赤外線で患部を温める

こうした炎症期を過ぎると次は筋肉組織が回復してくる時期です。首や肩の筋肉をほぐしながら、炎症期に落ちてしまった筋力をストレッチなどによって、少しずつ元に戻していきます。また、血行促進を目的に手技で筋肉をほぐしたり、遠赤外線などで患部を温めます。この温めるという行為も、回復力を高めるポイントになります。体の細胞というのは、温めると組織の再生が速まるという特性があります。そのため、自然治癒力を上げるためには、体温を上げることが必要となるのです。治療院で捻挫や打ち身、むち打ち症などの施術に遠赤外線やマイクロ波などを使って温めているのは、こうした理由から行われています。腫れている時は筋肉をしっかり冷やしますが、腫れが引いたら次は温める。このようにして、自然治癒力が向上していくよう、サポートしていきます。

 

痛みが和らいでも、自己判断で完治したと思ってはいけない

この段階までくると、これまでには小さな一つの動作で激痛が走っていた首も、かなり楽になってきます。人によっては自己判断で完治したと思いこんで、通院」を止めてしまう方もいらっしゃいます。しかし、この自己判断は最も危険なことです。この段階で油断して、症状を悪化させてしまう方もかなり多いのです。しばらくの間、安静にしていた反動もあるのかもしれません。つい無理をしてしまったり、今まで気を使いながら制限してきた首の動きが無防備になり、再び筋肉組織に炎症が起きてしまうことがあります。この状態をかさぶたに例えて説明すると、かさぶたになったところを剥がしてしまい、患部が再び出血したという状態です。傷口を早く治すには、かさぶたができ、自然に剥がれ落ちるのを待つという時間が必要なのです。

 

無理をしないで、自分自身の健康を第一に考える

むち打ち症の場合も同様で、せっかく回復に向かっているのに、ここで無理をしてしまったために、症状が振り出しに戻ってしまうということも少なくありません。この時期にどうしても首に負担のかかるようなことをしなければならない場合は、必ず担当の治療家の先生に相談して下さい。ここで悪化させてしまうと、慢性化する恐れもありますので。通院している時は長く感じられるかもしれませんが、一生の時間の中で考えたらわずかな時間です。無理をせずに、まずは自分自身の健康を第一優先に考えて行動して下さい。患者さんの自然治癒力を高めることで早期回復に繋がるよう、むち打ち治療協会医の認定院では、適度な運動もリハビリとして指導を行っています。しばらく安静にしていた筋肉は筋力が低下していますので、重い頭を支えるだけでも、首コリ、肩コリが起こりやすくなっています。ですから、首の筋肉を少しずつ慣らすように軽いストレッチをしていただいています。

 

 

どんな治療家でも、治る気がない人は治せない

 

他力本願の気持ちでは、いつまで経っても治らない

この「2つめの鍵」の冒頭で、「早く良くなるという気持ちが大切だ」ということを言いましたが、同様に、「自分から治る気がない人」を治せる治療家はいないとも、言うことができます。「治療院に通っているのだから、治してくれるだろう」とか、「時間が経てばいつか治るだろう」といった、他力本願の気持ちでいるのは良くありません。治療家ができることは、患者さんが回復に向かうためのお手伝いでしかないのです。

 

自分で治療費を支払っていないからといって、のんびり構えないこと

特に、交通事故によるむち打ち症で通院する場合、その治療費は加害者側の損害保険会社から支払われることが多いのですが、自分で支払っているわけではないために、のんびりと構えてしまう方が多いようです。そのため、治療期間が長くなって損害保険会社から「これ以上通院が続くと治療費が出せなくなります」というようなことを言われて初めて慌て出して、急いで治してくれと訴える患者さんもいらっしゃいます。

 

治療期間や治療方法を変えるのも選択肢の一つと考えてみる

また、今通っている治療期間での回復がはかばかしくないのにも関わらず、「転院すると、今見てくれている先生に悪いから・・・」と気兼ねなくして、通い続けた結果、一向に回復しないまま治療費が打ち切られてしまうといったこともあります。しかし、一番大切なのは自分自身の体なのですから、もっと自己本位に考えても良いと思います。捻挫の治療は適切に行えば、症状は必ず改善します。2~3週間通院しているにもかかわらず症状の改善が見られない場合は、「治療機関を変えてみる」「治療法を変えてみる」ということも選択肢の一つとして考えてみてもいいでしょう。

 

「治す!」という強い意志をもって治療に取り組んでほしい

治療に通って数ヶ月以上経っても症状が改善しないのであれば、それは治療方法が合っていないからだと考えてみましょう。合っていない治療をいくら続けても良くはなりません。そして、他の治療期間や柔道整復師などに、これまでの治療法や治療経過、現在の症状などを相談してみて下さい。違う角度から検査をしたり、施術を行ってくれて、それが回復に向かうこともあります。ケガを治すために治療機関へ行く。治らなければ転院する。これは、患者さんが当たり前に望んで良いことなのです。「仕事が忙しい」という理由で通院が続かない患者さんがいらっしゃいます。しかし、患者さんご自身が「治すのだ」という強い意志をもって治療に取り組めば、ケガの状態も生活スタイルもおのずと変わってきます。まずは、患者さんご自身がその意識を強く持っていただきたいと思います。

 

 

病院・整形外科と接骨院・整骨院を併診しよう

 

レントゲンなどの検査を受けておくことは、「後遺障害診断」のためにも大切

このように言いますと病院や整形外科は、むち打ち症に対して得手もないように思われがちですが、病院や整形外科にも得意分野はあります。レントゲンやMRIなどの検査技術には優れています。検査機器の充実という点ではすばらしい医療機関であると言えます。特に交通事故の場合、「後遺障害診断」の大事な資料になりますので、こうした医療機関で検査を受けておくことは大切です。

 

検査後の治療は接骨院・整骨院に一日の長がある

あなたが初めてケガをして、どこに行ったらよいか分からなければ、まず、第一候補は病院や整形外科でしょう。レントゲン等の検査によって、骨折しているかどうかの診断をスムーズに行うことができるからです。しかし、前述したように、むちうち症などの捻挫系のケガはこうした検査では異常が認められないことが多いため、その後の治療に関しては、接骨院・整骨院に一日の長があるということが言えます。

 

接骨院・整骨院でも自賠責保険は使える

このように、レントゲンやMRIなどの検査においては病院や整形外科などの医療機関が優れていて、その後のむち打ち症の治療には、接骨院・整骨院が適しているということがお分かりいただいても、まだ保険会社の適応などの問題で不安を抱かれる方が多いのではないでしょうか?通常、交通事故に遭ってしまって治療をする場合、多くの場合、加害者側の自賠責保険を使って治療することになりますが、接骨院・整骨院でも自賠責保険での治療は可能です。さらに、通院のための交通費はもちろん、慰謝料や休業損害の請求も可能です。さらには、一般の健康保険を使うこともできます。

 

病院・整形外科と接骨院整骨院を併用することが理想

こうしてみますと、むち打ち症の治療は検査は設備の整った病院や整形外科に任せ、その後の治療は、接骨院や整骨院などの治療院で行うことが回復への近道であると言えます。しかし、自賠責保険を取り扱う損害保険会社は、医師の診療を優位にみることや、万一後遺症が残ってしまった場合の「後遺症診断書」は医師にしか書くことができないため、治療院で治療を行いながら、定期的的に医師の診断を受けることが理想的といえます。

 

お客様の声 | 名古屋市交通事故治療ナビ

皆さまからたくさんのお喜びの声をいただいております

  • 院の雰囲気が良い

    院の中は奇麗で先生達もスタッフも気軽に接してくれて、すぐ良いところだなって思えました。

    治療もしっかりしてくれて、結果に拘った治療に感銘を受けました。

    初めて行く方も安心していけますよ。

    ※患者様個人の感想であり、効果には個人差があります。

  • 交通事故に遭ってしまい・・・

    今回交通事故に遭ってしまい、どうすれば良いのか分からなくなった時にめいほく接骨院にお世話になりました。

    親身に相談にのってもらい色々教えてもらい凄く助かりました。

    治療もしっかりとやって頂いて今では身体が凄く楽になりました。

    交通事故の法律とか全然知らなかったので今回先生達がいなかったらと思うと本当に怖いです。

    本当にありがとうございました。

    ※患者様個人の感想であり、効果には個人差があります。

  • 良い接骨院です

    交通事故に遭い、むち打ちで通っています。

    最初はネットで調べて伺ったので不安もありましたが、先生方をはじめ受付の方も皆さん明るくてきちんと説明もして下さり、すぐに安心して通えるようになりました。

    施術も丁寧にして下さってると思います。

    院内もいつも綺麗で清潔です。めいほく接骨院を選んで本当に良かったと思います。

    ※患者様個人の感想であり、効果には個人差があります。

  • 雰囲気が良い!

    院の中の雰囲気もミュージックもスタッフの対応も清潔なところも施術もみんな最高。

    最初は入りにくいですが、入ってみたら物凄く良いところです。

    接骨院のイメージが変わりました。絶対に良くなる気がします。

    ※患者様個人の感想であり、効果には個人差があります。