めまい・吐き気・しびれなど様々なむち打ち症

むち打ちになってしまったかも!?こんな症状に心当たりはありませんか?

交通事故むち打ちの痛み

交通事故などでむち打ちになってしまうと、頭痛、首や背中が筋肉痛になったように痛い、肩が凝る、手がしびれる、首を動かせる範囲が狭くなった、吐き気、 耳鳴り、倦怠感、寝つきが悪い…..

これらがひとつだけではなく、時には3つも4つも一緒に見られたりするのです。 事故直後には見られなかった症状だし、レントゲンでは異常なしと言われたので、まさか事故の影響でむち打ち症になっているとは思われない方も多くいらっしゃいます。

事故によるむち打ち症の特徴として、事故直後には痛みや違和感を感じない、数日経ってからさきに上げたような不快な症状を感じるということが挙げられます。

事故直後はちょっとしたパニックになっていたり、不安感があるので痛みを感じにくくなっていたりします。 時間の経過と共に、気持ちも落ち着き身体の調子がどうもよくないことに気がつくことになるのです。

むち打ち症は、いくつかに分類でき、「頚椎捻挫型」「根症状型」「バレ・リユウーー症」「脊髄症状型」等があるのですが、約70-80%は、頚椎捻挫と言われています。 事故のときの衝撃で、首の筋肉に損傷を与えたり骨組みが歪んでしまったりすることにより、痛みや違和感を与えることになるのが、頚椎捻挫です。

頚椎捻挫の場合、数週間は安静にしているのがいいのですが事故後の処理に追われたり仕事が休めなかったりして、症状が悪化してしまうことになることもあります。

交通事故にあってしまったら

首は、2リットルのペットボトル3本分ほどの重さの頭を支えているのですから、その重さにも耐えながら傷めた箇所を治していかなければなりません。そのことを考えると、思って いる以上に治療に時間がかかるかもしれないというのも、納得がいくのではないでしょうか?

時間が経ってしまったから、言いにくいとか、仕事も忙しいからといった理由で治療をためらってしまうと、症状が酷くなり治療にも時間がかかることになってします。丁寧に時間の経過と共に起こる身体の変化にも敏感に対応しながら、正面、横、うえなどあらゆる方向から早期回復を目指した治療を行っていきます。

人間の身体には、自然治癒力が備わっています。 その力を最大限に引き出せるように、手技により身体の機能を回復へと導きます。

また、事故後というのは思った以上に精神的にもダメージを受けているものです。 精神的な面のリカバリーも考慮しながらの治療が必要となってくるでしょう。 レントゲンでは分からなかった原因を改善するため、後遺症に悩まされる生活から開放されるためにも早めの治療が大切なのです。

 

交通事故の治療費用は自賠責保険の適用で実質0円です。

 

 

【まとめ】

むち打ち症で引き起こされる様々な症状

 

むち打ち症は、症状が悪化してしまうと、自律神経失調症などの障害も起きてしまう

むち打ち症は状態によっては、単純に首の痛みだけでは終わらないこともありますので軽視出来ません。頭痛や肩こり、背中の痛みを慢性的に感じたり、眩暈、吐き気、慢性疲労などが自覚症状としてあったら、すぐに医療機関で受診してください。症状が悪化してしまいますと手や足が不自由に感じるようになったり、自律神経失調症などの精神的な障害まで引き起こされることも懸念されます。最悪の場のケースでは寝たきりになってしまう危険性もあります。

 

首は神経の中枢センターである脳に連結しているため、様々な症状が引き起こされる

では、なぜこうした症状が起きるのでしょうか?それは、むち打ち症というのは、頸部の筋肉や靭帯・関節包の損傷によって引き起こされるもので、頚項部筋肉の痛みによって首を前後左右に動かすと激しい痛みを感じます。しかし、同時に首の上半分は神経の中枢センターである脳に直結しているため、状態によっては、眩暈、自律神経失調症やうつ病、パニック障害など、首の痛みとは一見関係がないかのようにみえる症状が引き起こされてしまうのです。

 

間違って別のの病名で診断されてしまう怖さもある

むち打ち症の症状で最も多いのは首の痛みです。しかも、自覚症状が現れるのは、一般的に首への衝撃を受けてから2~3日後から人によっては1週間後ということもあるようです。ですから、痛みを感じた本人も、頭痛、眩暈、吐き気といった症状の原因が、直接交通事故によるものとの認識がない場合も多く見受けられます。そうした症状で病院に行った場合、ほとんどの方が内科を受診されるでしょう。もちろん医師に方も、診療のキーワードは「頭痛」「眩暈」「吐き気」といった症状から判断していきますので、むち打ち症とは全く別の病名で診断されてしまうこともあるのです。

 

早いうちに適切な処置を行わないと、後遺症が残ってしまうことも

そのうえ、頭痛やうつ症状を抑えるための薬を処方されれば、一時的には症状は回復したかのように思えてしまいます。しかし、それは薬の作用によって症状が抑えられているのであって、根本的回復ではありません。また、自律神経失調症やうつ病などの精神的な苦痛は、周囲の人になかなか理解してもらえません。そればかりか、「怠け病」「仮病」などと言われて、精神的にも追い詰められてしまうことになってしまいます。特にこうした症状は医学的に証明することも難しく、回復の進行状況も本人の自己申告によってしか判断することができず、適切な処置や手当がなされないまま、時間だけが過ぎていってしまうので、早いうちに正しい診断と適切な治療を行わないと後遺症として残ってしまうことがあります。

 

 

首が果たしている重要な役割

 

頸部が損傷すると、脳からの神経系統命令に障害が出てしまう

むち打ち症によって引き起こされる様々な症状は、首に集中する神経等に関係していますが、その首は、脳から体全体に繋げるパイプ役を果たしています。ですから、頸部が損傷すると、脳からの神経系統命令の障害を起こしてしまうことにもなってしまいます。そして、こうした症状は、交通事故でのむち打ち症に限らず、頸の損傷、首の疲労、肩こりなどによっても引き起こされる可能性があります。「交通事故に遭っていないから」「むち打ち症ではないから」と思っていても、首の慢性疲労によって、むち打ち症と同様の症状に悩まされることもあるのです。

 

パソコンやスマホ操作の何気ない姿勢が首に無理を強いている

現代ではインターネットの普及nにともなって、多くの人たちがパソコンやスマホを使う時代です。趣味で楽しむ人もいますが、今や、仕事上のデスクワークではパソコン無くしては業務が成り立たないほどの必需品となっています。しかし、この、パソコンを操作する何気ない日常の動作が、首にとっては、常に無理を強いられる生活となっていることが多いのです。

 

身体を動かさないパソコン業務は体にとって大きな負担

パソコンやスマホの画面を見ているときの姿勢を思い浮かべてみてください。たいていの人が前かがみになっていたり、首と顔だけが乗り出すような姿勢になっていると思います。人間は筋肉の作用で身体を動かしますが、筋肉によって血液やリンパ液を流す作用があり、パソコン業務のような体を動かさないデスクワークは、一見楽なように見えて、体にとってはとても大きな負担となります。実はこのパソコン業務のような姿勢が、首の後ろの筋肉を常に緊張刺さる無意識の動作であり、首を疲労状態にしてしまう原因になっているのです。

 

多少楽になった時期が最も注意が必要

また、これはむち打ち症の治りかけの患者さんによくみられるのですが、首の痛みが多少楽になったからといってついパソコンに向かい始めてしまいます。ただでさえ首の筋肉が損傷しているのに、ここで無理をしてしまうと、せっかく治りかかっていた状態を悪化させてしまいますので、十分な注意が必要です。

 

お客様の声 | 名古屋市交通事故治療ナビ

皆さまからたくさんのお喜びの声をいただいております

  • 親切な治療のおかげで「脳脊髄液減少症」を発見できた

    普通、交通事故に遭うなどなどということは、人の人生の中で一度あるか、ないかのことだと思いせます。そんな一度あるかどうかの交通事故に、私は何度も繰り返し遭ってしまいましいた。
    その度に、整形外科でのリハビリや点滴、その他にも針治療なども受けていましたが、痛みやめまい、吐き気などの症状が一向に回復できないままにいました。
    そのころ通院していた整形外科の私の担当の先生が自ら、名古屋市内の接骨院や整骨院を何軒も回ってみて、ご自身も診察を受けて見られたそうですが、その中でも、交通事故専門の治療をしてる、めいほく接骨院がとてもいいと思うので、ここに通ってみてはどうか?と勧めていただきました。
    そして紹介状まで書いていただいたので、整形外科での診察も受けながら、めいほく接骨院に通うことにしました。初めて、めいほく接骨院で田中先生の診察を受けた日に、先生方やスタッフの方々の親切で明るく前向きな対応に、身体が辛くても、いつの間にか笑顔になっていました。そして、めいほく接骨院の方々の治療への熱意と丁私寧さに、「ここで治療を続けたら、きっと治る気がする!」と感じました。
    私自身が不安に思っていることや、悩んでいることに対してそれが些細なことでも真剣に耳を傾けて下さり、丁寧にわかりやすく教えて下さることも安心して通い続けられる理由の一つです。めいほく接骨院で繰り返し治療を受けていくうちに首などの痛みが確実に回復しているのを感じました。
    こうした治療のおかげで、継続的にあった頭痛も回復してきたのですが、私の症状の中に、起立性の頭痛があることがハッキリしてきました。そして田中先生から「脳脊髄液減少症」という病気の検査を受けてみることを勧められました。脳脊髄液減少症というのは、脳の中にある脳脊髄液という無色透明な液が交通事故などのショックで脳脊髄液腔から漏れてしまう病気だそうで、その結果頭痛、めまい、吐き気などん襲われるというものです。私の症状にも合致していますが、まだお医者さんでも知らない方もいるらしく、この症状に気づくこと自体なかなかいないそうです。
    しかし、田中先生の治療のおかげで、改めて自分の体の状態に気づくことができました。しかし、その検査は専門医のいる病院でなければ受けられないため、田中先生から脳脊髄液減少症の治療に経験のある病院の先生を紹介いただき、検査を受けることができました。検査の結果、やはり、脳脊髄液減少症でした。田中先生に気づいていただいたおかげで、検査を受け、確定診断が下りてそれについての治療も受けられるようになったので、またさらに回復への道を開いていただいたと感謝しています。
    今はまだ、めいほく接骨院にも通院中ですが、早く良くなりたいと思う反面、いつかここへの通院が終わる日が来るとしたら寂しいと思ってしまいます。
    そう思ってしまうほど、めいほく接骨院は元気になれる場所、本当の元気を分けて下さる先生方なのだと、感謝の気持ちでいっぱいです。

    ※患者様個人の感想であり、効果には個人差があります。

  • むち打ち症でめまいなどがあり不安な日々でした。

    最初は不安な気持ちがあったんですが、めいほく接骨院の先生はとても親身になって症状などを聞いてもらえたので、直ぐに不安な気持ちは吹き飛びました。その日の私の症状に合わせて治療していただけるので、首と腰が痛かったのが治ってきました。治療だけでなく、身体のメカニズムのことも説明していただいたので、自分の身体のことが、以前より良くわかってきた気がします。それと心のケアまでしていただいた気がします。とても感謝しています。

    ※患者様個人の感想であり、効果には個人差があります。