事故の怪我で最も多いむち打ち症とは?

交通事故後の首の痛み

私たちの頭は、2リットルのペットボトル3本分ほどの重さがあります。

それを支えているのが首です。ただでさえ重いものを支えている首に、事故の際にはさらに大きな負担がかかってしまいます。事故の際、衝撃で身体が前に押し出されますが重い頭はそれと同時に前に動くことが出来なくて、頚椎といわれるつなぎ目となっている部分がむちを振るったときのようにしなります。

そのとき、頚椎には不自然な無理な力がかかり、捻挫をしたようなむち打ちの症状が出るのです。それほど大きな衝突ではなかったにしても、思っている以上に身体は大きな衝撃を受けているものです。

頚椎だけではなく、首の中には大切な神経も通っています。

頚椎が歪んでしまうと、その大事な神経が圧迫されることにより首だけでなく、頭痛やだるさ、めまい、耳鳴り、吐き気といった症状が出ることになります。

早期治療が肝心!

早期治療が肝心

むち打ち症は出来るだけ早く治療を始めることが大事な症状です。

事故の衝撃で位置がずれてしまった骨は、神経を圧迫したりするため痛みを引き起こすことになったり、さらなる不調、頭痛や吐き気、倦怠感へとつながっていきます。そして、長引く後遺症に悩ませることになるのです。

後遺症を残さないための治療を

後遺症を残さないための治療を

事故の後は、やらなければならないことも多くあわただしく時間が過ぎていくものです。事故の相手や保険会社との交渉をしたり、警察とのやり取りがあったりするかもしれません。

なれない作業へのストレスや緊張感から、痛みを軽く見てしまわないようにしましょう。そんなにつらい痛みでもないし、とか、見た目は元気に見えるのに、大げさな人だと思われたくないからと痛みや違和感をほうって置くと、そのうち症状は悪くなり短い治療期間ですんだかもしれなかったのに、結果長く治療をしなければならなくなることになってしまいます。

また、むち打ちの症状は人によって異なります。それは、交通事故といってもまったくおなじ条件、状況で起こるのではありませんし、事故にあってしまった人の体格や健康状態が違うのと同じです。普段はさほど感じないけれど、天気が悪いと痛いとか、寒いと痛いといった症状の方もいらっしゃいますし、朝方痛むという方もいらっしゃいます。

ですから、これはきっと関係ないだろうと思っても、痛みや違和感を感じたら診察を受けることが大事です。むち打ち症は、早期に適切な治療をすれば慢性化することなく治癒するといわれています。軽く考えず、出来るだけ早い治療開始しましょう。

 

交通事故の治療費用は自賠責保険の適用で実質0円です。

 

 

【まとめ】 

そもそも「むち打ち症」とは?

 

むち打ち症は、事故後、時間を経過してから症状が現れることが多い

一般的に「むち打ち症」といわれる症状は、正式名称を「外傷性頸椎捻挫」といい、頸椎を捻挫して、首やその周辺に痛みが現れる症状のことをこう呼びます。その原因の多くは自動車事故によるものが最も多く、労働災害、スポーツ障害によって引き起こされることもあります。この症状の大きな特徴として、事故に遭ったその日に現れることはあまりなく、2~3日後か、長い場合には2週間くらい経ってから、首や肩の痛み、首のコリ、耳鳴り、頭痛、目眩、吐き気など様々な症状となって現れてきます。

 

戦闘機のパイロットの症状が「むち打ち症」の名の起こり

この呼び名の始まりは、古く第一次世界大戦のころまで遡り、当時、戦闘機に乗り込んだパイロットたちが登場後に、頸部痛、上肢の痺れ、頭痛、吐き気、耳鳴りなどの症状を訴える者が続出したことに起因します。その原因を調べてみたところ、発進時の加速と、着陸時の急減速によって起こる首への強い衝撃であることが解り、その時の状態が「ムチのようにしなり打つ動きに似ている」ことから「むち打ち症」と呼ばれるようになりました。

 

1950年代以降、自動車の保有台数の増加と共に自動車事故が増え、むち打ち症も急増する

発生当初は、このように戦闘機のパイロットに多く見られた症状でしたが、21世紀の現代では、その原因の多くが自動車の追突事故によるものが増えてきています。日本でこうした症状に悩まされる人が増えてきたのは1950年代からで、モーターリゼーションの発達にともなって自動車の保有台数が増え、追突による自動車事故が続出し、むち打ち症になる人も急増していくようになってしまいました。

 

西洋医学の治療では、むち打ち症への有効手段を持たない

しかし、このようにむち打ち症患者が急増しているにも関わらず、その治療に関しては、レントゲンやカラー固定、投薬、経過観察、理学療法を主体とする総合病院や整形外科等、西洋医学の治療では、これといった有効手段を持たないため、長期間加療しても治療することが難しく、むち打ち症は治り難い病気の一つと見なされるようになってしまいました。

 

自然治癒力を最大限に引き出す柔道整復師の技術

むち打ち症のような「捻挫型」の病気には、接骨院や整骨院で治療に当たっている柔道整復師の技術が適していると私は考えています。柔道整復師の治療法には、手術・注射・投薬などの外科的手段によることなく、徒手征服という独特の手技によって施術を行います。具体的には、骨折・脱臼・捻挫・打撲・挫傷などの外傷に対して、整復・固定・後療などの施術を行って、人間が本来持っている自然治癒力を最大限に引き出して症状の改善を図っていくからです。

 

 

自由診療と保険診療はここが違う!

 

患者さんにとっての最善の選択を考える

これまで、むち打ち症に対する一般の病院や整形外科と接骨院・整骨院との治療内容の違いや、むちうち症の治療には接骨院・整骨院が適していること、その接骨院・整骨院の中でも、むちうち治療協会認定院での治療の特徴をお話してきましたが、ここでは、「具体的にどのような治療を受けることが患者さんにとって最善の選択であるか」について設枚していきたいと思います。

 

保険を使うのか?使わないのか?どのような保険を使うのか?

まず、治療を受ける際に、どのような保険を使うのか、あるいは使わないのか、につて考えてみましょう。交通事故に遭って損害を負い、医療機関で治療を受けた場合、治療費の支払いは、自由診療での支払いと保険診療による支払いとに別れます。事故に加害者がいて、加害者側の自賠責保険あるいは任意保険での治療を受ける場合は、自由診療で治療を受けることが可能です。これに対して、仕事中での事故であれば労災保険を使用することができます。自損事故であっても自分で任意保険に加入していれば自損事故保険、人身傷害保険が使えます。

 

健康保険で行える治療には限界がある

次に、健康保険によって行うことのできる治療の範囲について考えてみましょう。日本には国民皆保険制度があり、どなたでも何かの保険に加入しているはずです。一定の保険料を支払うことによって、病気やけがをした際には、医療機関で受診した場合は、医療給付が受けられます。患者さんが医療機関に支払う額は、実際にかかった医療費の20~30%程度の負担で済むことになります。しかし、この保険診療を受けるには、検査や治療内容に関して細かい規定があり、その範囲の中で行わなければ保険が適用されません。

 

柔道整復師の後療法

この、保険が適用される治療内容を接骨院・整骨院で行っているむち打ち症治療に当てはめてみると次のようになります。柔道整復師が行える後療法として、物理療法、運動療法、手技療法の3つがあります。しかし、健康保険内での治療では行える治療法や時間が限られてしまい、柔道整復師が取得している特殊な技術を提供することができません。

 

自由診療か保険診療かを決めるのは患者さんであるあなた自身!

ですから、健康保険を使った治療では、手技による矯正や、特殊なマッサージなどを施術できません。さらに、病院や整形外科に対して、接骨院・整骨院での施術でむち打ち症が約成る確率が高いのは、体全体を診た治療を行っていることがあげられますが、保険診療ではこうした施術を行うことができません。痛みを訴えた場合、保険診療ではその患部以外の部位を治療することはできないのです。柔道整復師の長年の経験から言っても、むち打ち症のような捻挫型の怪我は必ずしも痛みを感じる部分にだけ原因があるとは限りません。背中やその他の部位に治療の範囲を広げればもっと早くよくなることが分かっていても保険診療ではそれができないもどかしさが残ります。自由診療を選択した場合、患者さんが支払う治療費は、健康保険よりも高額になります。しかし、保険診療なのか、自由診療なのかを選択するのは、患者さんであるあなた自身です。ですから、加害者がいて、相手側の自賠責保険や任意保険で治療を行う場合は自由診療を受けられることをおススメします。大切なのは、料金よりも最適な治療を選択し、早期回復することだからです。

 

むちうち治療協会認定院で、オーダーメイドの治療を!

これは、私の個人的意見かもしれませんが、むち打ち治療協会の認定院では、病院や整形外科のように治療内容が画一化されたものではなく、各々の患者さんに合わせたオーダーメイドの治療ができることが最大のメリットであると考えています。病院や整形外科では、問診室で医師が診察し、リハビリのメニューを指示し、その後一定の期間は同じメニューの理学療法を行います。そのため、患者さんのその日ごとの症状の変化に合わせて治療内容を変えることには難しい面があります。しかし、むち打ち治療協会の認定院の場合では、診察する先生と施術する先生が同じであるため、患者さんはその日の症状に合ったオーダーメイドの施術を受けることができます。しかも、むち打ち治療協会の認定院の先生方は、むち打ち症治療に対する特別な技術を持った先生ばかりです。しかし、先にもお話したように、このような患者さんの症状を早く改善させる特別な手技は、健康保険が適用される範囲の施術方法には含まれていないのです。この点が、患者さんんが塗治うち治療協会認定院認定院で健康保険治療を受けることのデメリットになります。

 

自由診療のメリットと保険診療のメリットをよく理解して治療方法を選ぼう!

一方、健康保険を使って治療を受ければ、患者さんの負担額は軽減するというメリットもあります。このように、支払金額のことだけを考えれば保険診療のほうが良いように思われがちですが、自由診療での施術を認めてもらうことにより、むち打ち症に対する特別な技術を使って施術することができます。それが引いては患者さんの健康を一日でも早く回復させることにつながります。このように、自由診療を使ってむち打ち症に対する専門家の技術で、早期に改善させることがベストであると私は考えています。しかし、そのためには多くの交通事故治療で実際にその治療費を支払う立場にある損害保険会社の理解を求めておくことも必要です。現在、自動車保有者の70%以上が、強制保険である自賠責保険に加えて、任意保険に加入しています。加害者側の損害保険会社が治療費を支払うこともあります。そこで、自由診療での施術は、患者さんの早期回復という共通のメリットがあることを説明する必要があります。

 

お客様の声 | 名古屋市交通事故治療ナビ

皆さまからたくさんのお喜びの声をいただいております

  • おすすめです!

    この間、事故に遭ってしまい、腰を痛めてめいほく接骨院さんにお世話になっています。

    1回目の治療でかなりラクになりました。
    現在通院3回目ですがほとんど痛みもなくなってきました。

    先生方も気さくな方で、なんでも話せるのでとても通いやすいです。

    以前、他の接骨院に通ったことはありますが、ここはかなりオススメです!!

    ※患者様個人の感想であり、効果には個人差があります。

  • 事故でお世話になっています!

    交通事故でインターネットで検索して当院に通いました。

    スタッフの方々はとても親切で、アットホームな雰囲気です。

    徐々にですが、良くなっているのを実感出来ますし、その都度、体調に合わせた施術もしていただけます。

    診療時間が長く、通いやすいのも魅力の一つです。

    ※患者様個人の感想であり、効果には個人差があります。

  • 元気になりました!

    キレイで駅チカのめいほくさんで事故による腰の治療をしてもらいました。
    翌日から痛みが取れて全身の状態も凄く楽になりました。
    素敵なスタッフさんに親身になってもらって、毎回気持ちよく寝ています。
    ありがとうございます。

    ※患者様個人の感想であり、効果には個人差があります。

  • 首が痛く眠れませんでしたが・・・

    事故のむち打ちによる首の痛みで眠れない日々でしたが、めいほく接骨院で治療を受けてから痛みもなくなり当初辛い痛みから精神的にも滅入っていましたが、今では仕事を始められるようになり充実した日々を送れるようになりました。

    ありがとうございます。

    ※患者様個人の感想であり、効果には個人差があります。