自損事故

  • ガードレールに衝突してしまった
  • 電信柱にぶつかってしまった
  • 事故後の手続きが大変
  • 単独事故でリハビリがしたい
  • 仕事終わりにリハビリを受けたい

自損事故とは

自損事故とは自分自身が単独で事故を起こしてしまい、過失割合が100%自分にある

交通事故のことをいい、扱いとしては「物損事故」に該当します。

例えば、ハンドル操作を誤って電柱にぶつかってしまった、

アクセル操作を間違えてガードレールに突っ込んだなどが当てはまります。

自損事故の大きなポイントとしては「相手がいない」事と

「自らの操作ミス」というところで、相手がいる場合には「対人事故」となります。

警察への連絡が必須

自損事故を起こしたら、速やかに警察に電話して事故の内容を伝えるようにしましょう。

たとえ相手がいなくても、車で何らかの事故を起こした場合は

必ず警察に通報しなければなりません。

そのまま逃げてしまうと「当て逃げ」とみなされてしまいますので注意しましょう。

警察に連絡をする理由二つあります。

一つは法律で定められているということ、

もう一つは「交通事故証明書」の交付を受けることです。

この交通事故証明書がない状態で自動車保険の適用を申請しても、

保険会社さんに拒否されてしまう可能性があります。

上記のような理由もございますので、事故を起こしてしまった場合は

すぐに警察に連絡をするようにしましょう。

治療ならめいほく接骨院にお任せください!

一般的な交通事故の治療では、自賠責保険が適用されて窓口負担金が0円で

治療を受けることが出来ます。

しかし、自損事故では自賠責保険を適用することが出来ません。

なので治療にかかる費用が自己負担になってしまうため、

軽いけがや痛みなどを我慢してしまう方がいらっしゃいます。

しかし、交通事故後のお身体の変化の特徴として、後々に症状が現れてきたり、

後遺症として症状が残ってしまう可能性がありますので、

少しでもお身体の違和感がありましたら一度ご来院ください。

また、ご自身で加入されている任意保険で、加入している特約などの内容によっては、

自損事故でも治療にかかる費用が補償される場合がございます。

めいほく接骨院ではそういった形式で、任意保険を使って治療をすることも

可能となりますので一度ご確認をしてみてください。

執筆者:柔道整復師めいほく接骨院総括 院長 田中雅大

院長写真

私自身も腰椎椎間板ヘルニアをわずらい手術をした経験があることから、皆様がつらい不調で悩まれているのも少しはわかっているつもりです。

名古屋市東区・北区・瑞穂区めいほく接骨院では、『原因から治す。そして、したいことを思いっきり楽しむ』 というあなたとの共通の目標に向かってナビゲートしていきたいと考えております。

当院では今お困りの方に応急処置の治療をしたうえで、 痛みの出にくい寝方、座り方、立ち方などのあなたに合った動き方で 出来る限り痛みを和らげるための“力”にならせていただきます。