【慰謝料】自賠責保険

  • 保険の手続きが不安
  • 慰謝料っていつもらえるの?
  • 休業補償ってもらえるの?
  • 慰謝料の相場っていくら?
  • 交通事故で労災は使えるの?

交通事故の慰謝料とは? 

交通事故の被害者になってしまった時に

気になるのが慰謝料です。

めいほく接骨院で交通事故のケガの施術をされている患者様からも

慰謝料に関する不安の声を聞く事は少なくありません。

 

交通事故に遭われた時には

まず怪我の回復の為に接骨院や整形外科クリニックへ通院します。

接骨院や整形外科クリニックへの通院費用も自賠責保険に含まれますので

この通院費用を保険会社へ請求するケースが一般的です。

そして

通院した整形外科クリニックや病院などのいわゆる医療機関への通院のみが

保険会社への請求対象となると勘違いされている患者様も少なくありません。

「厚生労働大臣」から資格を受けている接骨院への通院の際にも

慰謝料の請求対象となります。

もちろん

めいほく接骨院も「厚生労働大臣」から資格を受けている接骨院ですので

交通事故の怪我の通院費用も、保険会社への請求が可能です。

また、自賠責保険での通院慰謝料は1日当たり4300円となっており

実際に交通事故(むち打ちなど)の怪我の施術に有した実治療期間や通院日数によって実際に支払われる慰謝料が決定する仕組みとなっているのです。

そのため

通った回数によって慰謝料の金額が変わります。

交通事故の被害者となり

自賠責保険の適応となれば当院での施術費は実質0円となりますので

通院にかかる費用の心配もご無用です。

 

どんな種類の保険があるの?

慰謝料について

慰謝料とは、交通事故被害者の精神的・肉体的苦痛に伴う補償の事です。

通院1日につき4,300円が支払われます。

 

治療費について

治療費は、診察料・投薬・施術費などの費用の事です。

治療費の支払い方法は、ケガをした時の状況・内容によって使用できる保険が異なります。

加害者がいる場合は、原則的には加害者の自賠責保険、あるいは任意保険(加害者が加入している場合)を使って治療することができます。

この場合は、自由診療を選択して最高の治療を受けられることをお奨めしますが、実際に治療費を支払う立場にある損害保険会社の理解を求めておくことも大切です。

しかし、自損事故の場合は事情が異なります。もちろん、全て自己負担で自由診療を受けることも可能です。一方、保険を利用しようとする場合は、それが仕事中であれば、労災保険を使用できますが、そうでない場合は、健康保険を主に使用することになります。

 

治療機関を選ぶのは患者さん自身の権利である

交通事故によるケガですと、多くの場合は加害者側の任意保険会社が治療費を医療機関に直接支払うことになりますので、治療機関にはその保険会社の連絡先を伝えて下さい。

すると、治療機関の方で支払いについて手続きをしてくれます。また同時に、加害者側の任意保険会社に対しても、通院する医療機関名を連絡して下さい。保険会社によっては、治療機関を変更したり、治療機関の選択そのものに意見を言ってくることもありますが、どの治療機関でケガの手当てを受けるかを決めるのは患者さんの権利ですから、何か言われたとしても、そこは毅然とした態度で望みましょう。

医療費として認められるのは、医師、柔道整復師、鍼灸師のいる治療機関のみ

ただし、医療費として認められるのは、医師免許を持つ医師がいる医療機関(総合病院、大学病院、整形外科など)や、柔道整復師のいる接骨院・整骨院、または鍼灸師のいる鍼灸院のみです。国家資格を持たない「整体」や「カイロプラクティック」は自賠責保険では支払いの対象にはなりませんので注意して下さい。

※めいほく接骨院は、柔道整復師のいる接骨院です。

 

交通費について

交通費は、通院するのにかかった電車代・バス代・タクシー代・車のガソリン代などです。

※領収書は必ずもらうようにしてください。

 

休業補償について

事故による影響で仕事を休んでしまった補償です。

1日につき6,100円~19,000円が支払われます。

 

 

交通事故の慰謝料について まとめ

交通事故の慰謝料とは?

交通事故における慰謝料とは、精神的苦痛に対する損害賠償金です。

交通事故における人身事故は、被害者にとって恐怖や苦痛・不安など多大な精神的苦痛を受けてしまいます。

そこで

その精神的苦痛を慰めるための賠償金として慰謝料が発生します。

 

交通事故と慰謝料の基本的な関係性とは

交通事故に遭ったら、当然のように慰謝料を請求できると考えがちですが

必ず請求できるものとは限りません。

慰謝料が発生するのは、基本的に人身事故のみで車だけ壊れただけの物損事故の場合は基本的に慰謝料の請求はできません。

また交通事故で発生する損害賠償は慰謝料だけではございません。

ケガをしたら治療費・通院交通費・休業損害などが発生します。

 

通院慰謝料について

通院慰謝料は、交通事故によって負傷した時に認められる慰謝料の事です。

通院期間で算定されますので、治療期間が長い方が高額になります。

 

慰謝料はどのように計算される??

交通事故に遭ってしまった時には、実際どのように慰謝料が計算されるのでしょうか?

交通事故の慰謝料計算基準は③種類あり、どの計算方法を採用するかによって慰謝料の金額が変わってきます。

 

①自賠責基準・・・もともと交通事故被害者に対する最低限の給付をすることを目的とした保険です。

②任意保険基準・・・任意保険会社が保険金を計算するために独自に定めている基準です。自賠責基準より多少高めに設定されているようです。

③弁護士基準・・・裁判によって慰謝料を請求する時にも採用されています。弁護士が示談交渉に対応すると弁護士基準が適応されます。

 

それぞれの計算方式に関しましては、こちらをご参考下さい。

(参考文献)交通事故弁護士相談広場

 

そのほか、慰謝料の金額が増加するケースや減額されるケースもございます。

文献を参考にしてみてください。

 

めいほく接骨院は、交通事故を得意とする弁護士の先生を紹介させていただくこともできます。

後遺症を残す前にめいほく接骨院で施術に専念してみてはいかがでしょうか?

 

 

交通事故の法律に関するQ&A

Q、加害者側の保険会社とのやり取りで困っています。周囲からは弁護士に依頼することを奨められていますが、どうしたら良いのでしょうか?

A、まず申し上げたいのは、交通事故被害を受けた方は、絶対にそれ以上の被害を拡大させるべきではないということです。だからこそ、保険会社と対等に被害を受けた方の正当な権利を実現するために、事故が発生した直後、すぐに弁護士に相談することで被害を受けた方の権利を守ることができるのです。法律的なことは弁護士に任せて、治療に専念できる環境を整えることが大切です。

Q、交通事故の治療が終わり、左肩に後遺症が残りました。しかし、左肩の後遺症は認定されませんでした。こんな時はどうしたら良いのでしょうか?

A、交通事故に遭ってしまって、後遺症が残ってしまった場合、後遺症そのものが「目に見えづらい」ものであるだけに、立証不足で適正に評価されないことが多々あります。後遺症問題に経験、知識、実績を持つ専門家に相談して、適正な評価を得るための「立証」の道を求められることをお奨めします。

症例 | 名古屋市交通事故治療ナビ

  • 交通事故によるむち打ち症・腰の痛み

    1.負傷原因
    自転車にて横断歩道を走行中に車とぶつかり負傷した。

    2.事故後の症状
    首から腰にかけて痛みがあり、手足の打撲があった。微熱がひかない。

    3.当院での施術により、どの様に症状が変化・改善しているか
    顔を洗うのもつらい痛みがおさまりました。

    4.他の病院、整形外科等で通院経験のある方は、めいほく接骨院に転医した理由
    痛み止めの内服薬と湿布薬の処方だけで様子をみましょうと言われ不安になったため。

    5.当院の印象
    明るく優しいので安心できる。

    ※患者様個人の感想であり、効果には個人差があります。

お客様の声 | 名古屋市交通事故治療ナビ

皆さまからたくさんのお喜びの声をいただいております

  • 痛みだけでなく保険会社のことも解決できた!

    私の車は全損、過失割合は0%、車3台が絡む事故でした。事故直後は総合病院で検査を受け、そのあとは通院可能な近くの整形外科でリハビリを続けました。しかし、なかなか痛みが取れないので、自費で鍼灸にもかかりました。
    事故から半年が経過したころ、加害者側の保険会社から連絡があり、そろそろ半年になるので、多くの人はこの時期には症状固定になるはずだと言われました。まだ痛みが続いていることを伝えると、ひとまず治療は終えて、後遺障害等級認定の方法があると勧められました。事故から7ヶ月で加害者側の保険による治療を終えて、後遺症等級認定の申請をしました。しかし、その後も痛みはあるため健康保険による治療に切り替えて通院を続けていました。しかし、4ヶ月ほどして後遺障害が認められないという結果通知とともに、示談の話になりました。
    そのころは交通事故治療で評判の良い、めいほく接骨院にお世話になっていたので、田中先生に事故後の経過や示談のことなどをお話すると、弁護士の方に相談してみることを勧められました。弁護士の方に示談交渉をしていただいたところ、驚くほどの金額の補償を受けることができました。
    最初の提示通りの示談にしていたらと考えると、大きな補償と、今後も安心して治療を受けられるようになり、田中先生に本当に感謝しています。

    ※患者様個人の感想であり、効果には個人差があります。

  • 周囲とのコミュニケーションがうまくいった!

    インターネットで検索して、めいほく接骨院のことを知りました。電話での対応もとても良く、実際に行ってみると、アットホームな感じで、何よりも院内全体が明るい雰囲気に包まれていました。
    交通事故で首を痛めてしまい、その治療をしてもらっていますが、田中先生の治療を受けると、だんだんと首の調子が良くなり、何か事故に遭う前よりも良くなった感じがします。めいほく接骨院では、むち打ち症の治療だけでなく、心の方もストレスを感じることなく、身体を全体的に良くしてくれる場所だと感じています。
    『めいほく接骨院』を選んで、本当に良かったと思っています。

    ※患者様個人の感想であり、効果には個人差があります。

  • 腰の痛み(交通事故:自動車事故)

    軽いむち打ちと腰痛があったのですがほぼ毎日通院してほとんど気にならないくらいに回復しました。

    ひどいむち打ち症ではありませんでしたが、しっかりと通院して良かったと今ではそう思います。

    ※患者様個人の感想であり、効果には個人差があります。

  • 交通事故:むち打ち症(頭痛)弁護士依頼

    めいほく接骨院さんでは丁寧にリハビリしてもらい、むち打ち症の症状もだんだん軽減して不安もなくなりました。

    保険屋さんとのやり取りで精神的にもつらく弁護士の先生へお願いしました。

    身体も精神的にも楽になれたので、めいほくさんに来て良かったです。

    ※患者様個人の感想であり、効果には個人差があります。

  • むち打ち症(頚椎捻挫)

    首が痛くて寝返りもうつぶせもつらい状態で少しでも痛みが軽くなればと思い施術を受けました。

    ソーマダインという機械で施術してもらった後はスッとうつぶせになる事が出来て自分でもびっくりでした。

    専門的な事も全くわからなくて不安でしたが親切にわかりやすく説明してもらえて安心する事が出来ました。

    めいほく接骨院で頂いた小冊子がとても役に立ち首だけでなくメンタル面も施術してもらえた感じです。

    ※患者様個人の感想であり、効果には個人差があります。