事故のケガの治し方(´・ω・`)

2018年05月14日

こんばんは!

骨盤矯正・腰痛治療が得意なめいほく接骨院の渡邉です!

一般的に事故の治療は痛み止めや湿布で治療を進めていくことが多いのですが、これでは根本的な治療はできません。

当院の場合、人間が持っている自然治癒力を最大限に引き出し筋肉の状態を良くして治療をしていきます。

また、むち打ち治療協会から認定を受けており弁護士並みの知識をつけて患者様に対応しますので安心して任せていただきます。

新しいメンバーも徐々に知識がついてきましたよ!!

もしも交通事故に遭ってしまったら

2018年05月12日

こんにちは!めいほく接骨院の高井です☆彡

明日からまた天気が崩れるみたいですね(´・ω・`)

 

今日はもしも交通事故に遭ってしまったときの対処法です。

事故後はパニックになったりもするので、どのように対応すればいいのかを書いていきます。

1.けが人の救護と道路上の危険物の除去

二次被害を防ぐことが大事です。

2.警察へ届け出る

事故に遭ってしまったら必ず警察へ届けましょう。

3.加害者と加害車両の確認

氏名、住所、自宅と携帯の番号、自動車の登録ナンバーの確認をとりましょう。

4.事故状況の記録

記録を録っておくことでそれが証拠になります。

5.自分の保険会社に事故の連絡

6.外傷がない場合も病院か整骨院、接骨院へ行きましょう

その日はなんともなくても後日症状がでるということも。

めいほく接骨院は交通事故の治療も行っております。

もし万が一名古屋市で交通事故に遭われてしまった方や、むち打ち症でお困りの方は名古屋市北区、名古屋市東区にあります、めいほく接骨院へお越しください!!

物損事故と人身事故とは!?

2018年05月11日

こんにちは!

名古屋市東区・北区にあります

交通事故治療専門のめいほく接骨院です(*´ω`*)

(( 物損事故と人身事故とは ))

まず、交通事故の分類方法は、“追突事故”や“正面衝突”、“出会い頭の事故”など、

事故の発生状況を類型別に分ける場合もありますが、

法律や保険が絡む分類方法となると、物損事故人身事故に分けられることになります。

物損事故と人身事故は、単純には

“物が壊れた”のか“人が怪我をした”のかという簡単な判断で分類されます。

 

物が壊れて人の怪我がなければ物損事故です。

交通事故が発生した場合は、例え物損事故であっても警察への通報が義務付けられています。軽くこすっただけとか少し車のボディがへこんだだけと当事者同士で示談を行い、

その場で解決させ、その場を離れてはいけません。

警察への通報は道路交通法で措置義務として記載されていて、これを怠ると3カ月以下の懲役、または5万円以下の罰金が科せられます。

物損事故には罰金も特になく、大規模な事故を起こした場合を除いて

免許の点数も科せられません。

但し、物損事故を起こしてしまった場合には自賠責保険が使えませんので、

任意保険でカバーする必要があります。

めいほく接骨院では顧問弁護士もついておりますので

治療以外に関してのご相談も可能です。

何かお困りの事、事故を起こした、事故に遭ったなど

何でもご相談くださいね!!

 

交通事故に遭われたらめいほく接骨院へ!

2018年05月9日

 

こんにちは!

名古屋市東区・北区にあります交通事故治療専門の

めいほく接骨院です(*´ω`*)

さて、GWも明けてお仕事が始まってますね。

交通事故に遭われた方いませんか?

連休中は交通量も増えるので事故が発生しやすくなります。

もし、事故に遭われた方がいらっしゃいましたら

めいほく接骨院へご連絡くださいね。

 

5月7日現在の愛知県での交通事故発生数は

人身事故が520件、死者数が

年間では12,000件発生しており、死者数が65人

5か月で12000件は多いですね(´;ω;`)

中でも歩行者が対象の事故が多いです。

少しずつ日が長くなってきて外出する時間が長くなってきたり

お出かけされる人も増えてきてると思いますので

くれぐれも交通事故にはお気を付けくださいね★

夜間の外出はできるだけ暗い服装を避け分かりやすい服装を

してくださいね♬

 

何かありましたらお気軽にご相談ください^^

 

GWは楽しめましたか?(´・ω・`)

2018年05月8日

こんにちは!

肩こり・腰痛治療めいほく接骨院の渡邉です!

GWも終わり仕事が始まった方も多いのではないでしょうか?

お出かけされていた方は車の追突など大丈夫でしたでしょうか?

当院は交通事故の治療を専門で行っております(^^♪

 

もし周りでお困りの方がみえましたら一度めいほく接骨院にご相談ください!

必ずあなたのお役に立てると思いますよ(‘ω’)ノ

上飯田院 052-991-7751  本院 052-711-1459

接骨院でも交通事故の治療ができますよ(^^♪

2018年05月7日

こんにちは、めいほく接骨院の高井です☆彡

今日は雨ですね(>_<)運転する際は気をつけてくださいね!!

めいほく接骨院では交通事故治療を専門におこなっております。

接骨院でも交通事故の治療ができるということを知らない方もまだたくさんみえます。

接骨院は柔道整復師という国家試験を持った医療従事者が治療を行いますので、自賠責保険の医療が認められているのです(^^)/

めいほく接骨院では

1、診療時間外でも予約ができる(夜9時まで受付)

2、自賠責用特別治療で徹底的に早期治療を目指す

3、治癒力を3~5倍に高める無痛の微弱電流治療

4、自賠責保険は窓口負担なし

5、事故後の届出など必要手続を迅速にサポート

6、病院・他の接骨院からの転院もOK

7、病院にかかりながらの通院も可能

仕事終わりで遅くなる方にも通っていただけます(^_-)-☆

通える時は毎日通って、早くからだをよくしていきましょう!!

保険会社さんへの対応

2018年05月1日

こんにちは!めいほく接骨院の高井です☆彡

 

では今日は交通事故治療で大切なポイントの4つめ、

保険会社さんへの対応について書いていきます。

保険会社様から一方的な治療終了を促されたり、治療のことを詳しく聞かれた場合は

「接骨院の先生に聞いて下さい」と保険会社担当者様にお伝えください。

接骨院が代理で対応させて頂きます。

保険会社様とのやりとりでお困りのことありましたら

いつでもめいほく接骨院に聞いて下さいね(^^♪

雨の日の運転について

2018年04月30日

こんにちは!

交通事故治療が得意なめいほく接骨院の高井です☆彡

 

皆様はGWですか?火曜日水曜日あたりは天気が悪いみたいですね(>_<)

雨の日は視界が悪くなりますよね?

日中でも視界が悪くなるため事故が起こりやすくなります。

また路面が滑りやすくなっているため

雨天時の運転が怖いなぁと思う方も多いのではないでしょうか?

実際に雨天時と晴天時では約10%も多く死亡事故が起きやすい結果になっています。

雨天時の交通事故は昼間よりも夜間のほうが多いですが

日中でも視界が悪くなるので、自転車や歩行者の発見が遅れたり、危険も多くなります。

★雨天時の運転注意するべきこと★

かもしれない運転を心掛けること!

雨天時に走行する時は、十分に速度を落とし、周囲の歩行者の動きに注意をはらいましょう。
フロントガラスの清掃やワイパーの点検整備を日頃から行い

雨天時の視界を良くしましょう!

夜間や周囲が薄暗くなっている時は、早めにヘッドライトを点灯し

歩行者に自分が運転する車の存在を知らせましょう。

また、「歩行者が道路を横断するかもしれない」と予測し、十分に注意して走行しましょう。

誰しもが加害者・被害者になりえる事なので、気を付けましょう!!

めいほくでは交通事故治療も専門で行っております。

むち打ち治療協会認定で、むちうち治療のプロが在籍していますので

どんなことでも大丈夫です!

分からないこと、気になる事なんでもご相談くださいね♪

GWの運転にはご注意を

2018年04月28日

こんにちは!

交通事故治療、肩こり、腰痛治療が得意なめいほく接骨院です。

 

世間では1.2日を休みにして、もう長期休暇に入っている方もいますね(;^_^A

天気も良くて絶好の外出日和ですね(#^.^#)

長期休暇を利用して遠出をする方が多いと思いますが、このような時期は事故につながるいろんな問題が発生します。

移動の際には高速道路の利用が多いので通常よりも渋滞が発生しやすくなります。

長距離の移動や渋滞などで運転時間も長くなります。

長時間の運転は疲労や集中力の低下が起こります。

疲労による眠気や集中力の低下によって事故が発生しやすくなります。

また春なのに最近は暑い日が多いです(*´Д`)

長時間の運転の際には水分補給も不十分になりがちです。

それによって脱水症状になるのでこまめな水分補給が重要になってきます。

車内のエアコンで涼しいと感じますがエアコンの乾燥と太陽の輻射熱によって脱水症状になります。

長時間の運転を予想してあらかじめ飲み物を用意しておくことや音楽などのリフレッシュアイテムを用意しておくといいです。

交通事故を事前に防止するには乗っている人の意識が重要になってきます。

長期の連休を楽しいまま過ごせるように安全運転を心がけましょう(^_^)/

 

高速道路の運転にご注意を

2018年04月27日

こんにちは!

むち打ち治療・腰痛治療が得意なめいほく接骨院です!

 

さて明日からはゴールデンウイーク!ですね

患者様のお話を聞いていると

お出かけされる方も何人かお見えになっていました

皆様も遠くに旅行や実家に帰られる方など

お出かけされる方もいらっしゃるのではないですか?

 

今日は高速道路を運転する上で気を付けるべき点をご紹介します

安全速度を守る

高速道路では、天候や路面状況により速度規制が行われます。

道路状況に応じた安全速度で走行しましょう。

十分な車間距離をとる

イラスト(十分な車間距離をとる)

前を走る車との速度差の見込み違いなどから、前車に急接近し、走行追突する事故が多発しています。

路面が濡れているときは、普段の約2倍の車間距離が必要です。

割り込みをしない

イラスト(割り込みをしない)

直前への割り込みは、相手の車が急ハンドル、急ブレーキをする原因となり大変危険です。

追抜いた車の前に出るときは、車間距離を十分にとってから進路変更をしましょう。

左側からの追越しは交通違反です。

わき見運転をしない

イラスト(わき見運転をしない)

高速道路の交通事故の原因で一番多いのは、前方不注視です。

物を取る、たばこや携帯電話に気をとられてなど、一瞬の前方不注意が事故のもとになります。

 

こまめに休憩をとる

高速道路を長時間運転する場合は、2時間走ったら

10分~20分位の休憩を取った方が良いとされています。

トラックや長距離バスの運転手さんなどプロの方も、高速道路を2時間以上運転する場合10

分以上の休憩を取らなければいけないという規則があるそうです。

サービスエリアは一般的におよそ50~60km間隔で、

パーキングエリアだとおよそ15~20km間隔で設置されてる様です。

最近のサービスエリアは、色々楽しい施設がありますので事前に休憩を取るサービスエリア、

パーキングエリアを考えておくもの良いと思います。

 

以上のことに気を付けて

楽しいゴールデンウィークをお過ごしください!!

 

 


1 2 3 4 5 6 7 8 23