自転車事故

  • 道路を横断しようとしたら車が衝突してきた
  • 横断歩道を渡ろうとしたら車が衝突してきた
  • 左折車に巻き込まれた
  • 自動車と衝突し負傷した
  • 車に轢かれてケガをした

自転車事故

自転車事故

自転車は免許を必要とせず小さな子どもからご高齢の方まで、

幅広い年齢で使われる乗り物です。

基本的には自転車を維持するための費用がかかることもなく、

気軽に使うことが出来るため、多くの方が使われるものでもあります。

しかし自転車を運転するための免許を取る必要がないため、道路交通法や道路標識、

交通マナーなどを学ぶ機会などが必ずあるものではありません。

そのため自転車を使う側にもある程度の危険性があります。

さらに車とは違い転倒のリスクがあるだけでなく、事故に遭ってしまった際には

その運転している身体に直接的なダメージを受けてしまうことになります。

そのため名古屋市では自転車を運転する際には、

ヘルメット着用の努力義務が課せられております。

自転車事故の起きやすいケース

近年ハイブリッド車や電気自動車など、走行中の騒音が

大幅に抑えられた車も増えてきており、

走行音で車が近づいていることに気付くことも難しくなってきております。

そのため自転車を運転している人が気を抜いている時に車が近づいてくる場合や、

曲がり角などで急に車を発見する場合も増えています。

ハイブリッド車や電気自動車などが増加するまでは、走行音によって自動車の接近に

気が付くことが出来ていた場面も、今では気付かずそれに気付かず、

ヒヤッとするケースも増えています。

自転車事故の治療法

自転車事故の治療法

自転車事故でのお怪我は、自動車同士の事故と同様にむち打ち症になることは多くあります。

しかし自動車同士の交通事故と違う点として、

自転車を運転している人の身体を守る術が圧倒的に少なすぎる点が挙げられます。

多くの場合自動車の衝突だけではなく、そのまま転倒してしまい

地面に身体を打ち付けてしまうことがほとんどです。

そのためお身体自体は二度の衝撃を受けてしまいます。

なおかつ地面に身体を擦り付けられるため、

擦過傷など目に見えるキズが出来てしまうことも多くなります。

めいほく接骨院ではこういった目に見えるキズを治療することはできませんが、

むち打ち症や、打撲、捻挫な身体の内部の問題にアプローチすることが出来ます。

その身体の内部の問題が擦過傷などの目に見えるキズよりも長引いてしまい、

日常的な痛みやストレスに繋がってしまいます。

そういったお怪我や症状は、電気治療と手技療法によって緩和させていきます。

使っていく電気治療機器として、

ソーマダインハイボルトを適用していくことがほとんどです。

手技療法は、お身体の状態を診てやっていくことを変えていきます。

痛みが出ている部位や、痛みが出る動きなど症状に合わせてやっていくことを変えるので、

お身体の改善に繋がっていきます。