交通事故での病院や整形外科(医療機関)と接骨院の上手な通院方法

整形外科と接骨院が違うのはなんとなくわかるけれど、どこがどう違うかといわれるとはっきりわからないという方も多いのではないでしょうか?整形外科というのは、レントゲンやMRI、精密検査を行い手術をするなどの処置をしたり、お薬の処方や注射といった治療を行います。レントゲンには骨が折れているのは写るのですが、神経の損傷や筋肉がどのようなダメージを受けているかはわかりません。

そのため、「異常なし、様子を見ます」という診断になり湿布が処方されたけれど、なぜか体調がよくないということになってしまうのです。ですが、実際には神経や筋肉に損傷があるため、いつまでも優れない体調のまま悶々とすごすことになったり、後遺症が残ってしまうという残念な結果になってしまいます。

接骨院は病院ではないのですが、厚生労働省から認可を受けて治療を行います。筋肉、骨、神経のバランスを整えていくという治療です。レントゲンでは原因がわからなかったむち打ちなどの症状は、背骨の歪みやずれが原因で痛みが出ていたりします。接骨院で背骨や骨盤を矯正し元気な身体へと戻していきましょう。

接骨院と医療機関の上手な併用方法

  1. 交通事故直後

    最初に病院や整形外科に行って、痛む箇所をきちんと伝え診断を受けることが大事です。たいしたことないかなとか、なんだか痛いような気がするといった痛みでもきちんと伝えて念のためにレントゲンをとってもらうようにしましょう。事故後にはあまり感じていなかったかもしれない箇所に痛みが出た場合でもきちんと診断してもらうことが大事です。

    病院で骨折が判明した場合、通院する必要があります。ですが、ギブスが取れた後は適切なリハビリを行うことが必要になってきます。手技や筋力トレーニング、ストレッチといったリハビリを行いますが、病院での経過観察も行いながら接骨院でリハビリを行うのがよいでしょう。

  2. 症状による通院方法

    *骨折と骨折後のリハビリ
    病院で骨折が判明した場合、通院する必要があります。ですが、ギブスが取れた後は適切なリハビリを行うことが必要になってきます。手技や筋力トレーニング、ストレッチといったリハビリを行いますが、病院での経過観察も行いながら接骨院でリハビリを行うのがよいでしょう。
    *むち打ち、腰痛

    後遺症を残さないため完治を目指す必要の大きい痛みです。病院でのレントゲンではわからなかった関節や筋肉の異常を治療し、後遺症が残らないよう接骨院で治療することをお勧めします。普段の生活の中では怪我をすることが無いような箇所もダメージを受けるのが交通事故です。

    それを、放って置くことにより、機能障害、2次障害につながっていくことがあります。そのような状況を避けるためにも、早めにきちんとした治療をすることが大事になってくるのです。