事故後の流れと対処について交通事故に遭ったら

交通事故にあってしまったときのポイント

  1. 1.事故現場で損害賠償の話をしないようにしましょう

    初めて事故になって気が動転していたり、急いでいたりしてもその場で示談書や念書を書いたり捺印したりしてはいけません。

    まず、警察に連絡して専門家を間に挟んでの事故解決を目指します。

  2. 2.事故後は病院での精密検査を受けましょう

    事故直後は緊張感や不安感など昂奮した状態にあるため、痛みを感じないかもしれません。そのときに傷みを感じなくても、数日後に痛みを感じることがあります。

    痛みを感じたならすぐに病院で相談をすることをお勧めします。軽い痛みやちょっとした違和感でも早めに病院に出向くことが大事です。

  3. 3.保険会社に連絡する

    加害者の立場であっても被害者の立場であっても、保険会社に連絡をすることは重要です。連絡するのが遅れたために、補償が受けられないという事態を招くこともあるのです。

    また、事故直後に行った病院とは別の病院に行く事にしたときなども必ずその旨を保険会社に伝えましょう。細かい事でも、面倒くさがらずにきちんと伝えることが確かな保証を受ける鍵なのです。

  4. 4.警察には必ず連絡しましょう

    保険会社に保険金を請求する際必ず必要となるもののひとつに、交通事故証明書というものがあります。これは、事故を警察に届けていないと発行されません。そして、加害者の側には届ける義務のあるものです。警察に連絡し事故扱いにしてもらいましょう。

    きちんと保障を受け取れるようにするためにも、届出をする、また届出をしたかどうかを確かめるようにしましょう。

  5. 5.加害者の所在確認をしましょう

    氏名、電話番号、車種、ナンバー、住所、勤務先の住所や電話番号といった情報を控えて置くようにしましょう。加害車両の自賠責会社、担当者名、連絡先を聞いておくのも大事なことです。

    免許証や自賠責保険証などは、携帯のカメラを使って撮影すると、書き留める手間も省け役立ちます。

  6. 6.領収書などの書類は整理、保管をしましょう

    病院に行く際に公共の乗り物やタクシーをりようしたりするかもしれません。そういった場合の領収書や、病院代、お薬代の領収書は保管しておきましょう。

    事故の治療にかかった費用として請求出来るものですから、保管しておくようにします。

  7. 7.目撃者の連絡先を聞いて、記録しておきましょう

    もちろん、被害者の方の安否がとても重要なことですが、事故解決にととても大事な要素に、目撃情報があげられます。 目撃者がいるなら連絡先を聞いておく、また、出来るなら現場の状況などを携帯のカメラを使って撮影しておくのもとてもよい方法です。情報は多いほうがよいものです。

交通事故の痛みは、全身に関連して起こってきます。事故当時の状況をよく知ることで、痛みの元になっている箇所も判明しやすくなります。

身体のバランスを整えて歪みを改善していくことによって症状を改善し後遺症の残らない体へと導いていきます。改善しないまま放っておいたことにより、症状が長引き後遺症が残り自賠責保険が適用されなくなってしまいます。

接骨院で身体の土台から治療していくことで、快適な生活を送れるようにしていくことが可能なのです。