薬や湿布だけでは効果がない!?交通事故治療の必要性

早期治療が大事です!

事故の際、骨折などレントゲンにもはっきり写る怪我だったり、痛みが初めからある場合だと当然のことながら治療を受けることでしょう。でも、交通事故の場合、しばらくしてから痛みや不快感などの症状が出てくることがあります。

むち打ち症などは、数日してから、時には数年後に症状が出てくることもあります。頭痛、身体がだるい、痛みなどの症状です。時間が経過してしまっただけに、病院に行きづらかったり、しばらくすればよくなるだろうという軽い気持ちから症状を放置しておくと、慢性的ないたみや倦怠感に悩まされ続けることになってしまいます。

身体が痛かったりつらかったりすると、気持ちにも被害が出てきて憂鬱になったり仕事に集中できないなど日常生活や仕事に影響の出てきてしまうことになってしまいます。また、加害者の立場だったのでなんとなく自分の体には注意を払わずに時間が過ぎてしまい、気が付くと我慢が出来ないほどの痛みに悩まされるようになってきたという事態もあります。

加害者の立場であれば、事故後の処理などもありますからそこに身体の不調が加わると精神的な負担はさらに大きくなってしまいます。骨折などのケガとは違い、痛みや倦怠感は本人にしかわからないものです。

なまけていると思われないかとか、大げさだと思われないかと思い痛みを訴えるのをためらってしまうかもしれません。ですが、放っておいたことが症状の悪化や長期のつらさを招くことになるので、この程度ならと自己診断せず、病院で診察、検査をしてもらうようにしましょう。

保険が適用されます!

整形外科ではわかりにくい筋肉や神経のダメージは「異常なし」の診断結果につながり、電気治療など病院でしてもらう治療では改善が難しかったりします。

そのため、なんとなく感じていた傷みや倦怠感を放置しておくことになり、それが何年かしてから頭痛や手足のしびれや目眩となって現れてくることになったりします。そうならないためにも、事故後にしっかり治療しておくことが大切なのです。

名古屋市めいほく接骨院では、筋肉を揉み解し、身体、骨の歪みを矯正することで症状改善へとつながっていきます。交通事故、自転車事故な度による痛みなどの症状で悩まされている、また、治療はしているが思うようによくならないなどの状況になやまれているようでしたら、接骨院で身体の土台から治療していかれることをお勧めします。

治療費が心配になるかもしれませんが、病院での治療と同じように自賠責保険が適用されますので、安心して治療に専念していただくことが出来ます。