交通事故を防ぐためにできること

2018年04月11日

こんにちは、めいほく接骨院の高井です(*’ω’*)

今日は夜から雨が降るみたいですね((+_+))

外出する際は傘を持って出かけましょう!!

 

では今日は、交通事故を防ぐためにできることを書いていきます★

1.車間距離を長めにとる

2.暗くなる前にヘッドライトをつける

3.体調不良や寝不足、イライラしているときは運転しない

4.譲り合いの心を持って運転する

車はとても便利なものですが、常に事故の可能性があります。

この事故の可能性を減らすために、交通ルールがあります!!

車を運転するなら、交通ルールをしっかり守って運転を楽しみましょう(^^)

交通事故に遭った際にやるべきことを紹介します。

2018年04月10日

こんにちは、めいほく接骨院の中山です。

交通事故に遭ったらやらないといけないことを紹介します。

①加害者と加害車両の確認

②警察に電話をする

③医療機関に受診する

④むち打ち治療協会の先生の所に電話する

 

この4つが必ず必要になります。

交通事故の際の保険はケガをした人から見て相手側の自賠責保険を使うため相手の確認と治療を行うために医療機関と治療する接骨院などに連絡をする必要があります。

連絡する際は通院することを先に保険会社へ連絡することをお勧めします。

 

めいほく接骨院は交通事故治療のプロが在籍しておりますので

安心して治療に通っていただけます♪

提携している整形外科や法律事務所もございますので、おまかせください!

交通事故専門フリーダイヤル:0120-960-675

ラインからでもご相談可能です!↓ご利用くださいね★

 

これからどんどん暖かくなって外出する機会も多いので

運転の際には十分注意してくださいね!(#^.^#)

症状が似ている病気もある?検査はしっかりしよう

2018年04月9日

こんにちは!

主に名古屋市東区・北区から多数ご来院いただいておりますめいほく接骨院です。

交通事故の際に一番起こりやすいのがむち打ち症です。

しかし症状がむち打ち症と似ている脳脊髄液減少症があります。

脳脊髄液減少症は交通事故やスポーツ外傷などの外力によって脳や脊髄にある脳脊髄液が漏れてしまうこと原因になります。

漏れることによって髄液圧が低下して、頭痛、頸部痛、目眩、吐き気、倦怠感、腰痛などの症状に襲われて、日常生活や就労、学業などに支障をきたし、就労不能や不登校になります。

しかし一般の認知度が低いため症状を訴えても、「怠けている」「仮病」と思われてしまうことが多くあります。

これが本人を精神的に苦しめる要因になり、体調不良に加えて精神的にも落ち込んでしまいます。

問題は周囲の不理解だけではありません。

脳脊髄液減少症は「国が認めた病気」ではないため、病気そのものの症状に加えて治療費や保険の問題でも苦しみます。

脳脊髄液減少症は周囲が安易に「怠けている」や「仮病」と思わずに、本人の訴えに耳を傾けることが重要になります。

それとともに、知っていることで本人の負担を軽減させることができるため、脳脊髄液減少症についての理解も広めていくことが必要になります。

交通事故にあった、頭などを打ったりしたときはその時は症状がなくとも必ず検査をしましょう!

痛みがないからと油断しないように!!

2018年04月7日

こんにちは!

主に名古屋市東区・北区から多数ご来院いただいておりますめいほく接骨院です。

 

今日もあまり天気がいいとは言えず、肌寒い日ですね(^^;)

4月に入って1週間が経ち、そろそろ春バテがみられるころではないでしょうか?

体調があまり良い状態ではない時に運転をしたりすると注意が散漫になり事故にもつながります。

事故後は痛みがなくてもその誤字がんが経ってから症状が出たりします。

その時にはすでに保険会社さんも取り扱ってくれないなどという場合もあり、多大な自己負担で治療する事にもなります。

保険が効くうちにしっかりと治療することをおススメします。

しかし、初めて事故される場合ですと何をやればいいかわからないことも多くあると思います。

交通事故はややこしい流れがあるため、交通事故に関しての治療・知識がしっかりしたところで治療する必要があります。

めいほく接骨院はむち打ち治療協会認定院です!

むち打ち治療のプロがおりますので、安心してお任せください!

フリーダイヤル 0120-960-675 

こちらまでお電話ください!!

雨の日の運転

2018年04月6日

こんにちは!めいほく接骨院です。

今日は朝から雨が降りましたね!これから夜にかけて

雨が強まる予報なので

くれぐれも運転、外出お気を付けください!

さて・・・雨の日は視界が悪くなりますよね?

日中でも視界が悪くなるため事故が起こりやすくなります。

また路面が滑りやすくなっているため

雨天時の運転が怖いなぁと思う方も多いのではないでしょうか?

実際に雨天時と晴天時では約10%も多く死亡事故が起きやすい結果になっています。

降雨、さらに暗い時間帯になるとより視界がわるくなりますよね。

雨天時の交通事故は昼間よりも夜間のほうが多いですが

日中でも視界が悪くなるので、自転車や歩行者の発見が遅れたり、危険も多くなります。

★雨天時の運転注意するべきこと★

かもしれない運転を心掛けること!

雨天時に走行する時は、十分に速度を落とし、周囲の歩行者の動きに注意をはらいましょう。
フロントガラスの清掃やワイパーの点検整備を日頃から行い

雨天時の視界を良くしましょう!

夜間や周囲が薄暗くなっている時は、早めにヘッドライトを点灯し

歩行者に自分が運転する車の存在を知らせましょう。

また、「歩行者が道路を横断するかもしれない」と予測し、十分に注意して走行しましょう。

誰しもが加害者・被害者になりえる事なので、気を付けましょう!!

 

事故が起きてからの対応はしっかりしましょう!

2018年04月5日

こんにちは!

主に名古屋市東区矢田・北区上飯田から多数ご来院いただいておりますめいほく接骨院です。

 

交通事故が発生した場合、まずは治療に専念します。

その後、けがが治り治療が終了した場合その時点で示談交渉となります。

なかなか治らずに後遺症が残った場合は後遺症の認定を受けることになり、その結果を前提に示談交渉をします。

 

 

通院中に治療費を打ち切られたがまだ通院したい場合もあります。

症状があって治療がまだ必要と思われる場合は先生とも相談し引き続き通院するのがいいかと思われます。

その場合は治療費は当面自己負担になりますが、状況によっては示談の際に、加害者側に請求することも可能になります。

いずれにしても被害者にとって大事な局面であり、示談については知識も必要になってきますので弁護士などの専門家に相談することをお勧めします。

 

めいほく接骨院では弁護士の方とも提携をしております。

弁護士に相談したいという方へ紹介することもできます。

何かわからないことがあればめいほく接骨院へご相談下さい!

むち打ち症はとにかく早めに治療する!!

2018年04月4日

こんにちは!めいほく接骨院の高井です☆彡

さて皆さんは事故を起こしたとき、その時痛くないからと言ってほっておくことはないでしょうか?

むち打ち症はとにかく早めに治療することが大切です!

むち打ち症は事故後早くて2.3日後、遅い場合だと1~2週間後に自覚症状が現れます。

「むち打ち症」の画像検索結果

そのため、痛みの原因が「事故で首に衝撃を受けたこと」という事自体を忘れてしまい、

違うことが原因と思ってしまう事が良くあります。

これで一番怖いのが、ただの肩こりなどと思ってしまい、

安易にマッサージなどをしてかえって悪化させてしまう事です。

過去2週間以内に首に衝撃を受けたことがあったら早めに専門家の診断を受けましょう。

早期に治療していれば数か月で完治できたむち打ち症が、

それをしなかったために慢性化してしまったという例は多くあります。

慢性化してしまうと事故との関連性も薄れると判断されて、

せっかく事故治療として0円でむち打ち治療できる機会を逃してしまいます。

長年むち打ち症に悩むことが無いようにちょっとでもむち打ちの可能性があると感じたら、

めいほく接骨院へご連絡ください!

健康保険とは通院方法が違う!

2018年04月3日

こんにちは!

主に名古屋市東区・北区から多数ご来院いただいておりますめいほく接骨院です!

4月に入り過ごしやすい気温になってきましたが、花粉症でくしゃみや目が赤い人が見られます。

辛い時期ですが各自薬を服用するなどの対策を打っていきましょう。

 

交通事故の場合、自賠責保険により治療費が賄われるので示談前であれば窓口負担金はかかりません。

交通事故の場合の場合は整形外科へ通院しながら接骨院で治療することができます。

通院も1日1回であれば大丈夫です。痛みの辛いときや調子が悪いときは先生の意思に従い続けて通院されることをお勧めします。

しかし病院で診断とリハビリ療法を行っている方は、同じ日に病院と接骨院両方の通院はできないので注意が必要です。

 

治療通院に関してだけでなく、交通事故の治療に関してわからないことがあればめいほく接骨院へご連絡ください

むち打ち症とは何かご紹介します。

2018年04月3日

こんにちは。

北区・東区にあるめいほく接骨院です。

今回は、むち打ち症について書いてきます。

追突などで、首が鞭のようにしなったために起こる症状を総称したものです。

正式名称は、「頸椎捻挫」と言い、様々な症状を呈します。

一般的に多いのは、頸椎捻挫型と言われているものです。

頸椎周りの筋肉や靭帯・軟部組織の損傷で、

首の後ろや肩の痛みが首を伸ばすと痛みが増悪します。

また、首や肩の動きが制限されることもあります。

事故後すぐに症状として現れたり、しばらくして痛みが出ることがあります。

なので治療が必要になってきます。

当院では、むち打ち治療協会認定院なので、

専門的に患者様とマンツーマンで治療に専念し、将来的に

痛みをぶり返さないようにしていきましょう。

周りで痛みでお困りの方はめいほく接骨院へ

 

診療時間・休診日のお知らせ

2018年04月1日

 

*::;;;;::*゚*::;;;;::*゚*::;;;;::*゚*::;;;;::*゚*::;;;;::*゚*::;;;;::*゚*::;;;;::*゚

診療時間・休診日のお知らせ!

 

本院・上飯田院の両院とも 

 

4月3日(火)  午後診療 15:30~20:00

4月10日(火)  午後診療 15:30~20:00

4月15日(日)           休診

4月17日(火)  午後診療 15:30~20:00

4月24日(火)  午後診療 15:30~20:00

 

4月の火曜日は午後のみの診療となっております。

ご確認よろしくお願い致します(*^^*)

 

*::;;;;::*゚*::;;;;::*゚*::;;;;::*゚*::;;;;::*゚*::;;;;::*゚*::;;;;::*゚*::;;;;::*゚


1 2 3 4 5 6 19