耳鳴りが・・交通事故が原因!? 治療でお困りの方は名古屋市ドーム前の接骨院へ

2017年09月4日

こんにちは♪
めいほく接骨院の十河です!!

今回は交通事故による症状の耳鳴りについて書いていきます(^^!

交通事故によるむちうち症での耳鳴の発生率は7%程度だと言われています。

そして、耳鳴が発生するとほとんどの場合が難聴の症状も発生すると言われています。

交通事故直後~数日以内での耳鳴などの症状が発生する確率は低く、ほとんどの場合が2~4日以内に発生します。

交通事故でむちうち症になって、時間が経過してから耳鳴、難聴が発生する事から聴覚路の器質

的破壊ではないかと思われるので、耳鼻科の検査などでは異常が診られない事がほとんどです。

考えられる原因としては首の筋肉、腱、じん帯などの軟部組織の異常緊張(硬さ)、もしくは内耳の問題中枢聴覚路の影響だと考えられています。

明確な原因はまだ、解明されていないのが現状です。

多くの場合、耳鳴、難聴は軽度である事が多いのですが、軽傷の割には回復までに2か月近くの時間を有する事も珍しくありません。

交通事故によるむちうち症は耳鳴、難聴だけでなく様々な不定愁訴(自覚症状)を発生させます。

それらの不定愁訴は後々、後遺障害として苦しめられる可能性がありますので、しっかりと治していくことが大事です。

めいほく接骨院では、多くの名古屋市の交通事故による患者さんを治療してきた実績もあり、全国組織の㈳むち打ち治療協会の認定院であり、また、交通事故を専門に取り扱っている弁護士の先生とも提携をしています。

もし万が一名古屋市で交通事故に遭われてしまった場合や、むち打ち症でお困りの方は名古屋市北区、名古屋市東区にあります、めいほく接骨院へお越しください(^_^)/