検査は病院で、リハビリはめいほく接骨院へ

2017年12月27日

こんにちは!めいほく接骨院です☆彡

 

今日は朝から雪ですね!寒いので外出する際はしっかり防寒しましょう。

 

交通事故などでむち打ち(首の痛み)になってしまうと、頭痛、首や背中が筋肉痛に

なったように痛い、肩がこる、手がしびれる、首を動かせる範囲が狭くなった、吐き気、

耳鳴り、倦怠感、寝つきが悪いなど、

これらがひとつだけではなく、時には3つも4つも一緒に見られたりするのです。

事故直後には見られなかった症状だし、レントゲンでは異常なしと言われたので、まさか事故の影響でむち打ち症になっているとは思われない方も多くいらっしゃいます。

交通事故で身体に強い衝撃を受けると、かなり高い確率でむちうちの症状を発症します。衝撃によって頭が前後左右へ揺さぶられます。

病院や整形外科でレントゲンやCT、MRI検査を受けたにも関わらず、痛みの原因部位を特定できない…というケースは数多くあります。

事故によるむち打ち症(首の痛み)の特徴として、事故直後には痛みや違和感を感じない、数日経ってからさきに上げたような不快な症状を感じるということが挙げられます。

時間が経ってしまったから、言いにくいとか、仕事も忙しいからといった理由で治療をためらってしまうと、症状が酷くなり治療にも時間がかかることになってします。

人間の身体には、自然治癒力が備わっています。 その力を最大限に引き出せるように、手技により身体の機能を回復へと導きます。

早めの治療が大切なのです。

病院や整形外科との同時通院も可能です。

いつでも気軽にご連絡くださいね(*^_^*)