保険会社とのコミュニケーションをしっかりとりましょう

2018年01月9日

こんにちは!めいいほく接骨院です☆彡

 

交通事故に遭ってしまった場合、治療の次に迫ってくるのが損害賠償や示談などの問題です。

加害者が任意保険に加入している場合、被害者と示談交渉を行うのは加害者本人ではなく、

加害者側の任意保険会社の担当者となります。

その担当者が直接交渉をする相手となりますので、彼らとのコミュニケーションは大切にしたいものです。

しかし、示談交渉といっても、必ずしも話し合いの場が設けられるとは限らず、一般的にはまず電話でコンタクトがあり、その後、書類が送られてくるという方法が多いようです。

彼らは交通事故の損害賠償のプロであり、交通事故の損害賠償について豊富な知識と経験をもっていますから、これまでの経験に基づいてあなたのケースを判断し、賠償額を提示してきます。納得のいく金額でしたら示談は成立となります。

 

何かお困りのことがありましたらいつでもめいほく接骨院へご相談下さい!