交通事故のQ&A4

2018年03月8日

こんにちは!

交通事故治療専門/むち打ち治療協会認定院

名古屋市東区矢田・北区上飯田にあります

むち打ち治療が得意なめいほく接骨院です★☆

交通事故のQ&A

Q1 被害者として何を請求することができますか?

 A 被害者に生じた損害を請求することができます。

 その損害を大別すると、

障害分の損害(けがに関する損害)、後遺障害分の損害(後遺障害に関する損害)、死亡分の障害(死亡に関する障害)に分かれます。

 また、その内容によって、財産的損害と精神的損害(慰謝料)に大別されます。

前者は積極損害と消極損害に大別されます。

 積極損害とは交通事故によって被害者が出費を余儀なくされた損害をいいます。

 一方、消極損害とは事故に遭わなければ被害者が将来得られたであろう利益をいいます。

 

Q2 後遺症の手続きを被害者請求したいのですが、自分で行うのは難しそうなので専門家に依頼したいのですが、どのような人に頼めばいいですか?

 A 自賠責保険における後遺障害認定手続きを業務としてお引き受けできるのは、弁護士または行政書士です。しかし、弁護士も行政書士も業務範囲が広いので、交通事故や後遺障害を専門とする弁護士や行政書士に依頼するのがいいと思います。

 インターネット上に多数のホームページがありますが、後遺障害等級の設定については要件、基準が公開されているわけではありませんので、経験と実績があるかどうかを見分ける必要があります。

交通事故に関して分からないこと・聞きたいことがありましたら是非ご連絡ください。

交通事故専用フリーダイヤル 0120-960-675