交通事故によるむち打ち症で手足のしびれが出たら要注意‼ 名古屋市東区北区 交通事故治療

2017年07月31日

こんにちは、名古屋市東区、名古屋市北区にあるめいほく接骨院です。

今回はむち打ち症での症状について書いていきます。

追突事故でのむちうち症では24~43%の方に腕や手への痺れや痛み、筋力低下などが発生します。

腕や手のシビレは神経根症状や胸郭出口症候群によって1週間以内に発生する事がほとんどになります。
脊椎症状は脊髄損傷として考えられるのでむち打ち症からは省きます。

むちうち症の発生機転として首の屈曲、伸展が強制されるので神経根も牽引されてしまいます。
元々、頸椎椎間板ヘルニアなどがある場合にはない方よりも容易に損傷しやすくなると言われております。

頸椎椎間板ヘルニアなどによる神経根症状では神経学的に負傷部位によって支配してる腕や手の領域に症状が出るはずですが、MRI画像検査と実際の臨床症状が違う事が多い傾向にあります。

胸郭出口症候群は胸郭(胸部の外郭を形成する部分)周辺の筋肉、腱などの軟部組織の損傷、炎症によって神経や血管が圧迫されて腕や手に症状が発生します。

筋力低下に関しては神経麻痺よりも疼痛障害によって、2次的に最大筋力が発揮できない為に発生する事が多いみたいです。

追突事故の発生機転から考えてむちうち症による腕や手の症状は神経根が牽引されて負傷するので、治療として牽引治療が効果的とは言いにくいです。

むちうち症による腕、手の症状を改善させるには神経の圧迫、働きを正常化させる治療が必要になります。

当院では特別な電気治療器のソーマダインを使って改善していきます。

   

当院では、多くの名古屋市の交通事故による患者さんを治療してきた実績もあり、全国組織の㈳むち打ち治療協会の認定院であり、また、交通事故を専門に取り扱っている弁護士の先生とも提携をしています。

もし万が一名古屋市で交通事故の治療や、むち打ち症でお困りの方は名古屋市北区、名古屋市東区にあります、めいほく接骨院へご相談ください。