交通事故による捻挫・打撲

  • クリニックで骨に異常はないと言われたが不安
  • 後遺症が残らないか不安
  • 湿布と内服薬だけの治療で治るのか不安
  • 2ヶ月経過しても痛みが一向に良くならない
  • 捻挫・挫傷・肉離れ・打撲を早期回復させたい

交通事故の捻挫・挫傷・打撲は、早い段階で適切な処置を受けて頂くことが大切です!

交通事故による捻挫・打撲でお悩みの方へ

ねんざ・肉ばなれ・打ち身の場合は、靭帯や筋肉が断裂したり伸びてしまうことで関節が曲がってしまったり痛みがずっと続くということが起きてしまいます。

 

【一般的なケガの治療】

一般的に言われる捻挫や肉ばなれ、打ち身の処置は痛み止めを処方したりアイシング・頸椎カラーやコルセット、テーピング固定などで様子を見ることが多いです。

しかしながら、それだけでは完治するまで日数ががかかり、何度も同じ箇所を捻挫・肉離れをしやすくなります。 そのため、早い段階で適切な処置を受けることが重要です。

名古屋市東区 めいほく接骨院の捻挫・打撲の施術方法は?

名古屋市東区・北区にある めいほく接骨院グループでは、金メダリストの吉田沙保里選手なども使用しているソーマダインという特殊機器も使用します。

細胞が持つ力を活性化させて、より早期に回復を促し後遺症の予防にも繋げていきます。

また、関節がゆがんだ状態で固定してしまうと、バランスが崩れたままになるため、怪我した箇所の周辺部分の関節や、筋肉についても適切な処置を施します。

めいほく接骨院グループの総院長は名古屋市内でも外傷に強いと言われる整形外科クリニック、病院勤務を経た外傷施術のプロフェッショナルです。

怪我の早期回復はもちろん、後遺症を残さず元のパフォーマンスも落ちない施術を行うことを大切にしています。 「捻挫・挫傷・肉離れ・打撲を早期回復させたい」 「捻挫・挫傷・肉離れ・打撲の後に後遺症を残したくない」 「元の生活や体の状態に一刻も早く戻したい」 という方にお勧めの施術です。

名古屋市で交通事故後の捻挫・打撲の場合の対処方法

交通事故後のケガは、首(頚部)や腰の捻挫やむちうち、足や手、腕の捻挫・打撲が多いです。 捻挫・挫傷・肉離れ・打撲の場合は、レントゲンでは異常なしと言われます。骨に異常がないため、安静にしておくことを指示されることも多いです。

しかしながら、後遺症を残さないためには筋肉や関節に適切な処置を施すことが重要です。レントゲン検査で異常がないということは、骨に異常がないという事で、筋肉や靭帯が損傷し、関節に異常がみられる場合がほとんどです。

適切な処置をほどこさないと、治りが遅くなったり、捻挫が癖づいたりします。 名古屋市めいほく接骨院の施術では、後遺症を残さずに早期回復するための施術を行っています。

※通常4,000円~6,000円の専門治療を、自賠責保険適用の場合は自己負担実質0円で受けることが可能です

院長経歴

米田病院 (名古屋市西区 枇杷島)
ぐしけん整形外科クリニック(名古屋市千種区 猫洞通)
池田整形外科 (名古屋市名東区 社が丘)
田中接骨院 (名古屋市東区 大幸)

名古屋市東区で交通事故の捻挫・打撲の場合の対処方法

交通事故の怪我で、レントゲンでは異常なしと言われる「捻挫、挫傷、肉離れ、打撲」に関しては、接骨院での治療、リハビリをお勧めします。

怪我で多く診られる捻挫・挫傷・肉離れ・打撲は、レントゲン検査では異常なしと言われます。 レントゲン検査で異常がないということは、あくまで骨に異常がないという事で、筋肉組織や筋繊維などが傷ついているケースがほとんどです。

足首や腕、手首の筋肉や靭帯は、レントゲン検査で写らないので、異常なしとの診断が出ますが、ただ固定して様子を見るだけではなく、しっかりと患部を修復する為の治療を行う必要があります。

怪我をした後に、適切な施術を行わないと、後遺症を残す事になったり、捻挫が癖づいたりします。 当院の捻挫・挫傷・肉離れ・打撲の治療は、通常自費診療では1回当たり3,240円~4,000円前後の専門的な施術方法となります。(自賠責保険適用の場合は、自己負担0円でこれらの専門施術を受けることが可能です)

施術内容としては、一般的な固定や、テーピングだけではなく、オリンピック選手にも使われる、怪我とリハビリに特化した施術内容です。 プロスポーツの世界では、怪我の後に痛みを取り除くだけではなく、早期の競技復帰やパフォーマンスアップ、怪我の予防も含めた高いレベルまで求められます。 プロスポーツ選手に提供される技術を、交通事故の怪我やリハビリに応用することで、痛みを取り除くだけではなく、後遺症を残さず、早期回復をできるように施術を行っています。